開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社 / シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2018/11/29

働き方改革に効くのは、かつて「高い」「使いにくい」とされた“デスクトップ仮想化”だ

人材不足、人材確保難などを背景に、企業にとっては従業員の生産性向上に取り組むことが課題となっている。2019年4月には、いわゆる「働き方改革関連法」が施行され、法対応と併せて企業の働き方改革は待ったなしの状況だ。そうした中、高いセキュリティで評価されてきたデスクトップ仮想化(VDI)が、「柔軟な働き方」を実現するソリューションとして再び注目を集めている。しかし、かつてのVDIには課題も多かった。VDI導入にまつわる「失敗」を防ぎ、働き方改革を実効的なものにするにはどうしたらいいか、そのポイントを探った。

photo
働き方改革に「効くクスリ」として、進化したデスクトップ仮想化(VDI)が注目を集めている
(©Sergey Nivens - Fotolia)

セキュリティ面だけでなく「柔軟な働き方」が注目され始めた

 働き方改革関連法の施行を目前に、企業の働き方改革は急ピッチで進んでいる。よりよい人材を獲得し、今いる人材を定着させるためにも、多様な働き方のニーズに応えられる環境を整備するのは喫緊の課題だ。

 その働き方改革を実現する技術として、今再び注目されているのが「デスクトップ仮想化(VDI)」だ。VDIとは、OSやアプリケーションなどの業務で活用するデスクトップ環境を、仮想化技術を用いてサーバ側に集約し実行する技術のことである。エンドユーザーの端末には、画面情報が転送されるだけだ。

 こうしたVDIの特徴は、かつてはセキュリティ強化、運用効率化といった側面で評価され、導入されてきた。しかし昨今、「守り」ではなく「攻め」の施策として再定義され始めている。

 VDIはユーザーにとっても、自席で利用している仕事環境がそのまま自宅や外出先でも利用できる技術だ。つまり「マルチデバイス対応」や「柔軟な働き方」を実現できるため、業務の生産性やワークライフバランスを保つ上で有用だという理解が広がっているのだ。

 もちろん、従来から評価されていた「守り」も強い。業務上重要なデータはデバイス側ではなく、堅牢なデータセンターなどのサーバ側で集中管理されるため、情報漏えいの危険性が大幅に軽減される。そして、管理者側からも、物理的に分散されたPCを1台ずつ管理することから、管理ポイントを集中させることが可能になるため、運用管理負荷を軽減し、セキュリティインシデントに対して、迅速に適切な対応が行えるメリットがある。

メリットの一方で囁かれていたVDIの「高い」「拡張しにくい」「運用が大変」

 こうしたメリットがある一方で、これまでVDIというと「コストが高い」といった問題や、「拡張が大変」「運用も意外と面倒」といった使いにくさが指摘されることもあった。

 コスト面では、特に初期投資の高さがネックになることが多い。自社のサーバルームやデータセンターにVDIのサーバを導入するとなると、機器の調達は大変だし、複雑なシステム構成で導入コストは高くなってしまう。

 サーバの調達や構成の見直しは、システムを拡張したいときにも生じる。ビジネスに俊敏性が求められる今、デスクトップ環境という業務に必須のシステムが、拡張したいときにすぐ用意できないようでは厳しい。

 運用面でも課題はあった。上記のサイジングを考慮することに加え、バージョンアップやパッチの適用なども考えなければならず、思ったよりも負荷が減らないというケースはよく聞く。

 しかし、実はこうした課題は、すでに過去のものとなりつつある。

この記事の続き >>
・クラウドを活用した「失敗しない」VDIソリューションとは?
・ミッションクリティカルな金融分野にも豊富な導入実績
・働き方改革の実現を、IT施策の企画、導入、運用支援までトータルに支援

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT」の会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!