開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

トレノケート株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2022/01/17

データ分析の課題を解決、今すぐ始める「GCP」データ活用入門

激しい変化の中で、企業は生き残りをかけた新たな価値創出を探り続けている。その鍵となるのが「データ活用」だ。すでに社内外の膨大なデータを収集・分析し、生産性向上や新しいサービス、ソリューション開発を実現した例も増えている。だがそのためのデータ処理基盤の構築・運用には、大きなコストと時間、人材といったいくつもの課題をクリアしなくてはならない。本稿では、手軽でスピーディなデータ分析方法について紹介する。

photo
GCP(Google Cloud Platform)をデータ活用にどう生かせばよいのか
(Photo/Getty Images)

「導入したいけれど……」データ活用のジレンマを解決するクラウドサービス

 企業のデータ活用に向ける関心はますます高まっているが、データ活用へのチャレンジを阻むハードルも多い。膨大なデータを収集・処理するためのデータ活用基盤を構築するにはサーバ、データストレージ、BIツールなどへの多額の投資も必要だ。導入後の維持・管理コストも継続的に発生してくる。さらにデータ分析に関する専門知識を持った人材は慢性的に不足している状況だ。こうした数々の課題を前に、データ活用の必要性を感じながらも二の足を踏んでいる経営者は多い。

 そこで選択肢として考えてほしいのが「クラウドサービスの利活用」である。好例の1つが、Googleが提供しているGoogle Cloud Platform(GCP)の利用だ。GCPでは多くのデータ分析&機械学習(AI)サービスを提供しており、気軽に使えるものから、本格的なAIの開発まで幅広い用途に対応している。

 これらのサービスは、Googleが自社サービスで培ったテクノロジーを応用したもので、ユーザーは、最初から実績と高い信頼性を持つ基盤の上に、自社のシステムを構築できる。結果、ユーザーは基盤の導入や運用に余計なエネルギーを取られることなく、本来の目的であるデータ分析に集中できるようになるのである。これがクラウドサービスをデータ活用に使う最大のメリットだ。

 では具体的に、GCPをどうデータ分析に使うのか。以降でその手法を詳しく説明する。

この記事の続き >>
・「ローコード」と「No-Ops」で今すぐデータ活用基盤を実現しよう
・まずはこれだけ。3つのサービス
・データ活用やDXを実現する選択肢

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!