開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

株式会社東芝 東芝情報機器株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2015/12/21
PCの買い替えでビジネスの効率はどれだけ変わるのか? 4年前のPC VS 最新のPC徹底比較

PCの法定耐用年数は4年だが、4~5年前のPCを使い続けている企業は少なくない。多少古いPCでも、普段の業務にはあまり差し支えがないと考え、そのまま使い続ける…この選択は正しいのだろうか? 最新のPC「dynabook R73」と4年前の同系統モデルのPC「dynabook R731」では、実際どのくらい仕事の効率性に差が出るのか、さまざまな項目で比較してみた。

4年前のPCと最新のPCでは
どれぐらいビジネス効率は違うのか?比較調査してみた

企業におけるPCの買い換えサイクルは4年程度と言われている。しかし、4~5年以上前のPCでも十分に使えるように思えるし、実際そのくらいの年月を経たPCを使っているという企業も多いだろう。

なぜなら最近のPCは、単純にCPUのクロック数が増えたり、メモリやストレージの容量が5倍10倍になるわけではないので、どこがどう進化しているのかよく分からない。多少古い程度であれば、買い換える必要はないのでは? と考える人もいるだろう。

しかし、実際はどうなのだろうか? そこでノートPCの最新モデルと、4年前のモデルを比較して、どういった違いがあるのかを比較した。CPUやストレージなどの部材や、OSの違いなど、4年前のトレンドとは違いがあるものの、それによってビジネスの効率がどれだけ変わってくるのかも検証する。今回検証にあたっては、ビジネスシーンで最も機動力が高く、組織の業務効率に大きく関わるモバイルPCを対象とした。モデルとしてチョイスしたのは、法人向けモバイルPCとして評価の高い、2015年秋冬モデルのdynabook R73(以下、R73)、その前モデルとなる4年前のdynabook R731(以下、R731)である。

photo

ページ上部へ

まずはスペックの違いをチェック

まずは、比較に使用した2台のスペックを見ていこう。両者とも13.3インチワイド液晶を搭載する「ビジネスモバイル」にカテゴライズされる機種だ。大画面の液晶を搭載しながら、軽量薄型、長時間バッテリーが求められるビジネスモバイルは、企業の営業マンなど機動力が求められる現場には欠かせない存在だ。R731が4年前、2011年の秋冬モデル、そしてR73がつい先日発売された2015年秋冬モデルとなる。スペックを表にしたので、下記を参照してほしい。

基本スペック
機種名dynabook R73
(2015年モデル)
dynabook R731
(2011年モデル)
OSWindows 10 Pro
64ビット
Windows 7
Professional 64ビット
CPUインテル Core i5-6300Uインテル Core i5-2520M
CPU開発コードネームSkylakeSandy Bridge
CPU動作周波数(最大)2.40GHzGHz
(3.00GHz)
2.50GHz
(3.20GHz)
CPU TDP15W35W
メモリ4GB(4GB×1) 2GB(2GB×1)
液晶ディスプレイ13.3型
(1366×768ドット)
13.3型
(1366×768ドット)
データストレージ128GB SSD250GB HDD
主なインターフェイスUSB3.0×3、HDMI
(4K出力対応) 、RGB 、
ギガビットLAN
USB2.0×3、HDMI
(4K出力非対応)、RGB、
ギガビットLAN
バッテリー駆動時間
(JEITA 2.0)
約14.0時間約11.0時間
サイズ約316.0 x 229.0 x
17.2~21.4
約316.1 x 227.0 x
18.3~26.6

CPUは世代が大きく異なっている。R731がインテル Sandy Bridge(第2世代)、R73が最新のSkylake(第6世代)だ。R731が「Core i5-2520M」(2コア/4スレッド、2.5GHz、最大3.2GHz)、R73が「Core i5-6300U」(2コア/4スレッド、2.4GHz、最大3GHz)となる。この辺りの性能差は、もちろんベンチマークで検証している。

次にメインメモリであるが、共にDDR3でR731が2GB(2GB×1)、R73が4GB(4GB×1)を積んでいる。R731はオプションで4GB(2GB×2)も選択できたが、R73では標準で4GB、オプションで8GB(4GB×2)と、単純に2倍の構成だ。

ストレージはR731がHDD(250GB)、R73がSSD(128GB)を搭載している。R731もオプションでSSD(128GB)を選択可能だが、価格差は定価ベースで36,750円とかなり高くなり、2011年当時はあまり一般的な選択とは言えなかったことがわかる。R73はHDD(500GB)モデルも用意されているが、SSDとの価格差はちょうど10,000円であり、大きく値下がりしている。昨今では、企業にとってもSSDが現実的な選択肢になったと言えるだろう。

グラフィックスはCPU内蔵のGPUを利用する。R731はIntel HD Graphics 3000、R73はIntel HD Graphics 520だ。前者はDirect X10世代で4K(3,840×2,160ドット)出力非対応、後者はDirectX 11世代で4K出力対応といった違いがある。もちろん4K環境が出力できるほうが好ましいだろう。

ページ上部へ

比較1:パフォーマンス

ここからは、実際にベンチマークテストなどを用いて、スペックによる違いがどのくらい影響するのかを見ていこう。まずはPCのパフォーマンスだ。

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

関連リンク



 dynabook R73(東芝)
 CPU: インテル® Core™i5-6300U プロセッサー
 OS: Windows 10 Pro 64bit
 メモリ: 4GB
 SSD: 128GB
 ディスプレイ: 13.3型(1366×768ドット)
 質量: 約1.18キログラム(最薄最軽量モデル)
 バッテリー駆動時間: 約14時間


関連コンテンツ

いま本当に選ぶべき法人モバイルノートはどれだ?エバンジェリスト、編集部の視点から徹底解剖します。


ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!