開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

株式会社UPSIDER提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2022/06/20

創業70年の老舗企業が紙の経費処理を「20%削減」、その驚くべき理由とは?

創業70年の歴史を持つ古紙リサイクル事業者、新井紙材。麻布十番にオフィスを構え、“ゴミであれば何でも相談できる”事業者として、首都圏を中心にビジネスを展開している企業だ。同社が属する古紙回収業界は、いまだに電話とFAXがコミュニケーション手段のメインで、経理業務では紙の対応に追われ、確認や整理に大幅に時間がかかっていたという。そんな老舗企業が経理業務を改善し、紙の請求書を20%削減。着実にデジタル化を進めている。同社はいかにして、経理業務の効率化を図ることができたのだろうか。

photo
新井紙材の経理業務を改善に導いた法人カード活用術とは?

属人化した経理業務と使い勝手の悪い法人カードに悩んでいた

 1950年創業の新井紙材は、古紙の回収・リサイクルをはじめ、機密文書の処理や産業廃棄物処理事業を展開する企業だ。

 新井紙材が属する古紙回収・リサイクル業界は非常に安定した業界で、すでに一定のプレーヤーでそれぞれの市場を分け合っている状態。近年のDX(デジタル・トランスフォーメーション)の波を受けることもなく、いまだに電話とFAXを主要なコミュニケーション手段としている企業が多いという。

 そんな業界において、新井紙材はデジタル化に積極的に取り組んでいるのが特徴だ。同社 取締役副社長の新井遼一氏が参画してから、同社のデジタル化の取り組みは大きく進んでいる。その中でも、最も成果につながっているのが経理業務の改革だ。

photo
新井紙材
取締役副社長
新井遼一氏

「私は家業を継ぐため、途中から参画し様々な業務改善を行っていきました。経理業務の改革を検討しはじめたきっかけは、長年、経理を担当していたベテラン社員の定年退職です。当時、退職に伴い新しい担当者に引き継ぎを試みたのですが、業務が完全に属人化していたこと、そして業界特有のFAXでの取引慣習などもあり会計処理が非常に複雑になっており、引き継ぎが困難でした。そこで、これを機会にデジタル化を行い、経理業務の標準化・効率化をしようと考えたのです」(新井氏)

 そうした取り組みの中で課題となっていたのが、一部の経費の支払い手段として活用していた法人カードだった。新井氏は、「接待交際費などの決済に金融機関の法人カードを使っていたのですが、取引明細が2カ月後にならないと確認できなかったり、一部のSaaSへの決済がセキュリティの問題で承認されないケースがあったりと使い勝手が悪く、これがさらに経理業務を煩雑にしている状況がありました」と語る。

 同社はいかにして経理業務の1つのネックとなっていた法人カードの課題を解決し、煩雑な経理業務を改善していったのだろうか。

この記事の続き >>
・なぜ、新井紙材は経費処理業務を「20%削減」できたのか
・会計処理の効率化につながる「リアルタイムの取引明細」のインパクト
・即日発行・発行枚数上限なしの法人カードが事業を加速させる理由

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!