開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2014/02/18

ソフトバンク、コマース&サービス事業を携帯卸売子会社の米ブライトスターに譲渡

ソフトバンクは18日、ソフトバンクBBの展開するコマース&サービス事業(以下「C&S事業」)を、同社子会社で米卸売大手のブライトスターに譲渡すると発表した。

 今回の発表は、ソフトバンクBBがC&S(コマース&サービス)事業を分割し、子会社の米ブライトスターに譲渡するというもの。

 このソフトバンクBBのC&S事業は、1981年に同社が設立後、最初に手がけたパソコン用パッケージソフトの流通事業が源流のビジネス。現在は、ソフトウェアやハードウェアの販売を中心に、携帯端末のアクセサリー製造・販売や、スマートデバイスの法人・個人向けサービスを提供している。

 譲渡先の米ブライトスターは、55カ国に拠点を構える移動通信分野における世界最大の卸売会社で、2014年1月にソフトバンクが子会社化したばかり。新会社のソフトバンクC&Sでは「SoftBank SELECTION」や法人向けクラウドサービス等の世界展開とともに、ブライトスターが世界各国で展開している携帯端末に係る各種サービスの国内展開を推進していくという。

新規顧客開拓 ジャンルのセミナー

新規顧客開拓 ジャンルのトピックス

新規顧客開拓 ジャンルのIT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!