開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2014/12/01

ダイワボウと日本通信、法人向け通信サービス「DIS mobile Powered by JCI」を提供

ダイワボウ情報システム(以下、DIS)と日本通信は12月1日、日本通信が構築するMVNO向け通信サービス基盤および回線管理プラットフォーム(モバイル・ソリューション・プラットフォーム(MSP))を利用して、DISが展開する法人向けの通信サービス事業で協業すると発表した。DIS mobile Powered by JCIという名称で、12月8日よりサービス提供を開始する。

 DISと日本通信はMVNE(仮想移動体サービス提供者)業務委託契約を締結し、日本通信がDISへNTTドコモのLTE/3Gに対応した通信サービス基盤および回線管理プラットフォームを提供する。

 本MSPプラットフォームでは、回線の開通や解約をはじめとするネットワーク制御や通信サービス設定、および課金情報等のデータ参照機能などを提供する。

 DISではMSPプラットフォームを利用し、月額モデルだけでなく1年間をパッケージ化した通信サービスなどを提供し、DISの約17,000社の販売パートナー経由でSIMロックフリー端末と通信サービスを組み合わせて、法人向けに展開を強化する。

 DISは時代の変化に即応し、同社が注力するSIMロックフリー端末とDISのパートナーが用意するネットワーク、サービスを組み合わせ、法人顧客のニーズに対応するソリューションをワンストップで提供し、法人向け通信サービス事業を拡大する。

 日本通信は、b-mobileのブランドでSIM(通信サービス)をパッケージ化して提供するSIM事業に加え、パートナー企業とともに通信一体型で提供するモバイル・ソリューション・プラットフォーム(MSP)事業も強化している。

その他モバイル ジャンルのトピックス

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!