開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 会員限定
  • 2017/06/22

フェイスブックCPOクリス・コックス氏、「360度高解像度VRで未来に触る」体験を目指す

2004年、ハーバード大学の学生だったマーク・ザッカーバーグ氏やダスティン・モスコヴィッツ氏らによって創設されたFacebook。サービスが開始された当初は写真や動画もない単なるディレクトリサービスだったが、2016年にはInstagram、WhatsApp、Messengerなどのアプリを取り込み、すべてがシームレスに機能するようになり、さまざまな国、地域で使われている。これからFacebookはどう進化していくのか。Facebook CPO (最高製品責任者)のクリス・コックス氏が語った。

フリーライター 中村 仁美

フリーライター 中村 仁美

大阪府出身。大手化学メーカー、日経BP社、ITに特化したコンテンツサービス&プロモーション会社を経て、2002年、フリーランス編集&ライターとして独立。現在は主にIT、キャリアというテーマを中心に活動中。IT記者会所属。趣味は読書、ドライブ、城探訪(日本の城)。ネコと歴史(古代~藤原時代、戦国時代)好き。

photo
Facebook
チーフ・プロダクト・オフィサー
クリス・コックス氏
Advertising Week Asiaにて


Facebookの登場から東日本大震災、そして現在までの歩み

関連記事
 クリス・コックス氏がFacebookにジョインしたのは、2005年。当時、コックス氏はスタンフォード大学でコンピュータ工学を学んでいたが、Facebookの共同創業者の一人であるダスティン・モスコヴィッツ氏が大学を訪れ、「大学なんてやめてFacebookにジョインしよう」と誘ってきた。

 ハーバード大学の学生限定のサービスから始まったFacebookだが、徐々にその他の大学にも広がり、2005年には高校生、2006年には社会人も解放され、今ではユーザーを13歳以上とし、英語だけではなくさまざまな言語で使えるようになっている。

 Facebookのツールの強みとしてコックス氏が紹介したのが「安否確認機能」である。東京のFacebookチームが東日本大震災のとき、自分の友達や家族の安否を確かめるためのツールとして使った。それが世界中に広がり、今ではさまざまな地域で安否確認をするツールとして積極的に活用されている。

今後10年間のキーワードは「ビジュアル・コミュニケーション」

 ではこの先10年、Facebookはどう展開していくのか。コックス氏は「ロードマップは3つのフェーズ考えている」と力を込めた。

 直近の3年間は同社の主要アプリであるFacebook、Instagramのエコシステムの構築。次のフェーズでは今後台頭してくるであろう動画、メッセージング、グループなどのプロダクト開発に注力。そしてその先ではAI、VR/AR、コネクティビティなどの次世代コンピューティングを支えるテクノロジーの具現化を目指す。

画像
Facebook、今後10年のロードマップ

 「これから10年間の技術開発のキーワードとなるのが、ビジュアル・コミュニケーション(動画によるコミュニケーション)だ」とコックス氏は続ける。

「Facebookが始まった頃、ほとんどの人がキーボードを使って情報を共有してきた。そしてようやく写真をアップロードすることが定着してきた。次に起こるのが動画の共有。そして2017年には動画によるコミュニケーションが普及するだろう」(コックス氏)

 2021年までにはモバイルでのトラフィックの約75%が動画になると予想されている。そこで、コックス氏はFacebookやInstagramでも動画をシームレスに組み込んでいきたいと考えている。ライブ動画機能はその一例だ。これを使えばライブストリーミングも可能になるという。

【次ページ】東洋経済オンラインが活用する「Instant Articles」

VR/AR ジャンルのトピックス

VR/AR ジャンルのIT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!