開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 会員限定
  • 2018/02/17

慶應大「殿町WRC」が超高齢社会の課題を解決できるワケ

DRY技術とWET技術を融合

世界に先駆けて超高齢化社会を経験する日本。だからこそ世界に誇れる地域発研究開発・実証拠点が必要だと「殿町ウェルビーイングリサーチコンプレックス(殿町WRC)」が誕生した。中核機関である慶應義塾大学の吉元良太 特任教授は「ハプティクス(触覚技術)やビッグデータといったDRY研究と、細胞供給、コホート健康データなどのWET研究の両方が存在することが強み」としたうえで、世界に誇る社会システムづくりを目指す考えだ。

フリーランスライター 吉田育代

フリーランスライター 吉田育代

企業情報システムや学生プログラミングコンテストなど、主にIT分野で活動を行っているライター。著書に「日本オラクル伝」(ソフトバンクパブリッシング)、「バックヤードの戦士たち―ソニーe調達プロジェクト激動の一一〇〇日 」(ソフトバンクパブリッシング)、「まるごと図解 最新ASPがわかる」(技術評論社)、「データベース 新たな選択肢―リレーショナルがすべてじゃない」(共著、英治出版)がある。全国高等専門学校プログラミングコンテスト審査員。趣味は語学。英語と韓国語に加えて、今はカンボジア語を学習中。

photo
慶應義塾大学 ウェルビーイングリサーチセンター 特任教授
吉元良太氏

羽田空港の真向かいに誕生したヘルスケアリサーチコンプレックス

関連記事
 多摩川を挟んで羽田空港の真向かいに、殿町ウェルビーイングリサーチコンプレックス(以下、殿町WRC)と呼ばれるヘルスケア関連機関の集積地がある。そこは神奈川県川崎市の最南端、かつては京浜工業地帯の一部をなしていた。2020年の東京五輪までには羽田空港との間に連絡橋が架かる。

 殿町WRCでは、文部科学省より5年間(平成27年11月~平成32年3月)4億円の支援を受け、異分野融合による最先端の研究開発や事業化支援、人材育成などが行われている。


 そのゴールは、世界に先駆け超高齢化社会を経験する日本として、課題に向き合いながら世界に誇る地域発研究開発・実証拠点を形成すること。組織としては、慶應義塾大学が中核機関となり、川崎市を始めとする提案自治体、大学、多様な研究所、企業が有機的に連携、リサーチコンプレックス推進事業を展開する。

画像
図1:殿町WRCの構成
(出典 吉元良太氏セミナー資料)


 具体的な事業の内容は大きく5点ある。

1.異分野融合共同研究開発
2.事業化支援
3.最先端研究設備の共同利用
4.人材育成共同プログラム
5.1~4の推進体制強化


画像
図2:殿町WRC推進事業の具体的内容
(出典 吉元良太氏セミナー資料)


 設定した主な成功指標は「研究と実装のフィールドを構築すること」「実装を支える事業化支援機能を発揮すること」「特徴ある人材を育成すること」など。リサーチコンプレックス推進プログラムオーガナイザーであり、慶應義塾大学ウェルビーイングリサーチセンター 特任教授 吉元良太氏は殿町WRCを次のように語る。

「研究を出発点として、それをしっかり事業化するとともに、必要な人材を育て、人と企業が集積する街づくりを行うのがこの事業の目指すところ」

 実際に、どのような異分野融合共同研究を行うのか? 4つのコア技術領域があるという。

(1)分子設計・ナノファブリケーション
(2)再生・細胞医療、実験動物
(3)AIと連携するヘルスケアOS
(4)ロボット・医療機器

「殿町WRCの強みは、ハプティクス(触覚技術)やビッグデータといったDRY研究と、細胞供給、コホート健康データなどのWET研究、その両方が存在すること。これらをうまくインタラクションさせながら、最終的にその成果が生活者に届くような仕組みを作っていく」(吉元氏)

【次ページ】AIとICTの活用で実現する次世代ヘルスケア

医療IT ジャンルのトピックス

医療IT ジャンルのIT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!