開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 会員限定
  • 2018/06/06

Dell EMCの新ハイエンドストレージ「PowerMax」は何がスゴいのか、責任者に聞いた

NVMeや機械学習採用

Dell EMCが5月、米ラスベガスで開催された「Dell Technologies World 2018」で発表した「PowerMax」は同社の新たなハイエンドストレージです。

Publickey 新野淳一

Publickey 新野淳一

ITジャーナリスト/Publickeyブロガー。大学でUNIXを学び、株式会社アスキーに入社。データベースのテクニカルサポート、月刊アスキーNT編集部 副編集長などを経て1998年退社、フリーランスライターに。2000年、株式会社アットマーク・アイティ設立に参画、オンラインメディア部門の役員として2007年にIPOを実現、2008年に退社。再びフリーランスとして独立し、2009年にブログメディアPublickeyを開始。現在に至る。

 PowerMaxにおける最大のハイライトは1000万IOPSという高性能であり、しかも徹底したNVMeの採用、ストレージOSへの機械学習機能の組み込み、ストレージクラスメモリ(SCM)対応など、ハイエンドストレージにふさわしい最新のストレージ技術が投入されています。

photo

 PowerMaxの高性能の背後にあるストレージの技術とその将来について、Dell EMCでVMAXビジネスユニットのゼネラルマネージャー兼シニアバイスプレジデントのボブ・デクレシェンゾ(Bob DeCrescenzo)氏に聞きました。

PowerMaxはハードソフト両面でNVMeに最適化

──PowarMAXのハイライトの1つが高い性能です。これを実現できた技術的なおもな要素とは何ですか?

デクレシェンゾ氏:PowerMAXは、NVMeのためのアーキテクチャをEnd to Endで備えています。バックエンドもこれに合わせて作り変えています。

 これまでストレージに使われてきたSAS(Serial Attached SCSI)やファイバーチャネルは、ハードディスクドライブのために作られたプロトコルでした。一方、NVMeはPCIバスに対応し、マルチパスが可能で並列処理に対応しています。

 さらにNVMeのフラッシュドライブそのものも、SASフラッシュドライブよりもスループット、レスポンスタイムが優れており、OSやドライバもこれに合わせて開発したことで、これまでSASで存在していたオーバーヘッドを取り除いているのです。

 さらに、(ストレージ内部のNVMe化だけでなく)ホストからストレージへの接続におけるNVMe対応も今後行われる予定です。製品としては準備ができています。

photo

── EMCは2016年にDSSDという、PCIe接続を全面的に採用した製品を発表しています。当時、この技術は非常にチャレンジングなものでしたが、PowerMAXでのNVMeの採用はこの技術が成熟した、ということになるのでしょうか?

デクレシェンゾ氏:DSSDでは、すべてをプロプライエタリな技術として製品を実現していました。ですから、これを顧客にも使ってもらうようにするのはたしかにチャレンジングでした。

 しかし現在、NVMeはチップベンダーから対応チップもリリースされているように、ストレージのためのプロトコルとして業界のスタンダードになっていると考えています。

ストレージOSに機械学習を搭載

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT」の会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ストレージ ジャンルのセミナー

ストレージ ジャンルのトピックス

ストレージ ジャンルのIT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!