開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 会員限定
  • 2018/06/14

年次レポート「インターネット・トレンド」、6人のベンチャー経営者はどこを見た?

ウォンテッドリー、ビズリーチ、ランサーズ、メタップスらの代表が語る

米ベンチャーキャピタルKPCBの“伝説のアナリスト”メアリ・ミーカー氏が毎年発表する、「インターネットトレンド」。2018年で23回目を数える本レポートは毎年200枚を超えるボリュームで、世界中のIT業界関係者が注目している。では、5月30日に発表された「インターネット・トレンド2018」を、日本企業の経営者はどのように受け止めたのか。ベンチャー企業の経営者6名(ランサーズ 秋好陽介氏、Supership 森岡康一氏、Bitstar 渡邉拓氏、ウォンテッドリー 仲暁子氏、ビズリーチ 南壮一郎氏、メタップス 佐藤航陽氏)がビジネス+IT編集部にコメントを寄せてくれた。

photo
「インターネット・トレンド2018」p1
(出典:KPCB)

インターネット・トレンド2018とは

 インターネット・トレンドは、伝説のアナリストかつベンチャー投資家のメアリ・ミーカー氏が毎年発表する、200枚を超えるスライドのことである。5月30日に発表された「2018」では、Eコマースの動向や中国の隆盛、音声テクノロジーをはじめ、さまざまなジャンルについて、294ページにわたって解説している。



 スライド1枚1枚が、ミーカー氏が膨大なデータから分析した貴重な資料だが、特に日本のIT企業にとってどこが重要になるのか。今回ビジネス+IT編集部では、ITベンチャーの経営者を対象に、「注目したスライド」をヒアリング。本稿では、6人の経営者が選んだスライドを、そのコメントともに記す。

<コメントを寄せてくれた経営者>

ランサーズ 代表取締役社長 秋好陽介氏
Supership 代表取締役社長 森岡 康一氏
Bitstar 代表取締役 渡邉拓氏
ウォンテッドリー 代表取締役CEO 仲暁子氏
ビズリーチ 代表取締役社長 南壮一郎氏
メタップス 代表取締役社長 佐藤 航陽氏



フリーランスは働きやすくなり、労働人口も急伸

画像
「インターネット・トレンド2018」p164
(出典:KPCB)
ランサーズ 代表取締役社長 秋好陽介氏:

 スライドの調査元「Freelancing in America」と比較し調査をしているランサーズの『フリーランス実態調査2018』では、日本における広義のフリーランスの経済規模は推計20兆円を超え、人口の成長率はアメリカの+8.1%の約3倍である+22.6%という結果が出た。

 日本では、政府の働き方改革に始まり、テレワークの導入や大企業による副業解禁など、テクノロジーの変化による働き方の多様化が加速している。一方でフリーランスが抱える課題も見えてきており、働き方が多様化する日本で自由な働き方の選択をできる環境(インフラ)整備が急務であると考える。


データが顧客満足度に大きく影響

画像
「インターネット・トレンド2018」p190
(出典:KPCB)

画像
「インターネット・トレンド2018」p191
(出典:KPCB)
画像
「インターネット・トレンド2018」p192
(出典:KPCB)
画像
「インターネット・トレンド2018」p193
(出典:KPCB)
画像
「インターネット・トレンド2018」p194
(出典:KPCB)

Supership 代表取締役社長 森岡 康一氏:

 これらのファクトデータは現代におけるデータ活用の重要性を指し示す。

 GoogleやSpotifyなど飛躍的に成長している企業は、デジタル化の中で得られたデータを最大限ビジネスモデルのコアとなる部分に活用し、顧客体験価値を高めることによって競争力を作り出している。

 クラウドやアプリ、SNSの浸透によって、インターネット上におけるデータは爆発的に増えており、さらにIoE(Internet of Everything)の世界は加速していく。これは日本も例外ではない。すでに日本でも、一部の先進的なブランドでは、データとテクノロジーの活用で新しい価値をユーザーに提供しており、今後、IoEの世界においてこの動きはますます加速していくと予想される。

 自社データだけでなく、2nd Party Dataや3rd Party Dataなどのデータをつないで顧客の解像度をあげ、顧客とのコミュニケーションに活用していくことは企業やサービスが成長していくためのキーファクターとなるだろう。


【次ページ】ビズリーチ南氏、ウォンテッドリー仲氏、Bitstar渡邉氏、メタップス佐藤氏の注目したスライド

スタートアップ・ベンチャー ジャンルのトピックス

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!