開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 会員限定
  • 2018/07/09

ARが現実世界を動かす?Vuforiaの「Reality Edit」とは

ボストンAR最新レポート

AR(Augmented Reality、拡張現実)は瞬く間に広がりを見せ、今や産業アプリケーションにも欠かせない存在になりつつある。そのARを巡り、本来は現実に仮想の説明などを加える役割だったはずのARが逆に現実に介入するという新しい動きが見られる。仮想と現実のインタラクションにより、さまざまな可能性が広がっている。

米国在住ジャーナリスト 土方 細秩子

米国在住ジャーナリスト 土方 細秩子

米国在住のジャーナリスト。同志社大学卒、ボストン大学コミュニケーション学科修士課程修了。テレビ番組制作を経て1990年代からさまざまな雑誌に寄稿。得意分野は自動車関連だが、米国の社会、経済、政治、文化、スポーツ芸能など幅広くカバー。フランス在住経験があり、欧州の社会、生活にも明るい。カーマニアで、大型バイクの免許も保有。愛車は1973年モデルのBMW2002。

画像
コンベヤーの速度、フィード(供給)の速度、フィーダーの容量などが数値としてARに表示される


Reality Editとは何か?

関連記事
 6月18、19日に米マサチューセッツ州ボストンで、PTCが主催するLiveWorx18が開催された。マイクロソフトやインテルなど現在のIT業界のトップを走る企業らが参加し、AI、ロボティクス、AR、VRなどこれからの産業の中で重要になる技術が展示された。

 18日朝にPTCのCEO、ジェームス・へプルマン氏が基調講演を行った。その中で興味を引かれたトピックの1つが「Reality Edit」だった。

 Reality Edit はARに現れたアイコンを通し、現実のロボット操作を行うものだ。ARが単なる現実のガイドではなく現実にインタラクト(介入)できるツールになるという画期的なアイデアだった。その実力を知るために、早速ブースを訪れてみた。

世界初の「ARから現実世界を動かす」試み

 Vuforia は、PTC傘下でARにまつわる技術を担当するセクションだ。Reality EditのコーナーはVuforiaのブースの中にあった。

 Reality Editという考え方は、元々MIT(マサチューセッツ工科大学)のメディアラボのプロジェクトとして始まった。

 当時MITの博士課程に所属し、プロジェクトを率いていたヴァレンティン・ハウン氏は、「ARで単に画面に機械の説明が浮かび上がる、仮想のイラストなどが登場するという機能を超えて、そこから現実をコントロールできる方法があるのではないかと考えた」という。

 その結果として生まれたのがReality Editというシステムだ。簡単に言うと、スマホやタブレット上にARとして登場するガイドを操作することにより、そこからロボットの動きをコントロールするものだ。

 今回デモとして用意されていたのは、材料をベルトコンベヤーに乗せて供給する、単純なフィーダーロボット。ARにはコンベヤーの速度、フィード(供給)の速度、フィーダーの容量などが数値として表示される。またフィードを受ける側のスケールに関しても、別個のシステムではあるが同じAR上に目盛り、許容量のパーセンテージなどが浮かび上がる。

 これだけならばフィーダーロボットの作動状態をAR上でチェックするというだけの話だ。しかし、Reality Editではスマホなどで機械のスイッチ部分などを映し出し、そこに現れたスイッチアイコンをAR上の機能としてインポートすることができる。するとスマホのスイッチアイコンのオン・オフをタップすることで、実際の機械を動かしたり止めたりすることが可能となる。

 それだけではなく、スマホあるいはタブレット上から、フィードの速度、量などのチェック、変更、またフィードを受け取るスケールが一杯になっていた場合のカートンの交換も指示することができる。つまり画面上にARとして現れたアイコンが、現実の機械をコントロールするツールとなるのだ。このような機能を持つARは世界初の試みだという。

【次ページ】ARがアニュアルに取って代わる

お勧め記事

VR/AR ジャンルのトピックス

VR/AR ジャンルのIT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!