ようこそゲストさん

株式会社東陽テクニカ 提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2021/02/19 掲載

「CTI(サイバー脅威インテリジェンス)」とは?サイバー攻撃対策強化のポイントを解説

記事をお気に入りリストに登録することができます。
巧妙に細工した詐欺メールによる「ビジネスメール詐欺(BEC詐欺)」や、サプライチェーン全体に影響が及ぶサイバーリスクなど、ビジネスに深刻な影響を及ぼすセキュリティ脅威は尽きることがない。こうしたリスクを回避するためのアプローチとして期待されるのがCTI(Cyber Threat Intelligence:サイバー脅威インテリジェンス)の活用だ。実際のサイバーセキュリティ対策に必要な「シナリオベースのリスク分析」や「具体的なCTIの活用法」などのポイントを解説する。

photo
サイバーセキュリティ対策における「シナリオベースのリスク分析」や「具体的なCTIの活用法」などのポイントを解説する
(Photo/Getty Images)
 

サプライチェーン全体に被害が広がる時代に

 組織が保有する機密情報を狙った標的型攻撃や、金銭の窃取を目的としたビジネスメール詐欺(BEC詐欺)など、サイバー攻撃の手法は巧妙化が進んでいる。

 たとえば、BEC詐欺は取引先や経営幹部になりすました詐欺メールが企業の財務担当者宛に送られ、それを開封した担当者に攻撃者が用意した口座に送金をさせるといった詐欺の手口だ。有名な事案が、2017年12月にJALが約3.8億円もの被害に遭ったケースだ。

 また、特定企業を狙った攻撃だけでなく、ビジネスのサプライチェーン全体がリスクに晒されるケースもある。

 たとえば、台湾のPCメーカーであるエイスース(ASUS)製のPCに攻撃者がマルウェアを仕掛けた事例がある。攻撃者は同社のPCのソフトウェアの自動更新ツールを悪用し、改ざんした更新プログラムを作成、これがユーザーに配布され実行されることでマルウェアがダウンロードされる被害が確認されている。

 こうしたリスクからサプライチェーン全体を守るためには、取引先企業に関する情報まで含めたリスク管理がポイントとなる。

 これらの脅威に対抗するアプローチの1つがCTI(Cyber Threat Intelligence:サイバー脅威インテリジェンス)の活用だ。具体的に、どのようなCTIの活用の在り方があるのだろうか。

この記事の続き >>
・攻撃者の視点に立った「シナリオベース」のリスク分析とは
・サプライチェーンを守る、CTIの事例とは
・社内体制の整備とCTIベンダーの活用のポイント

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT」の会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • ここでしか見られない

    1万本超のオリジナル記事が無料で閲覧可能

  • 多角的にニュース理解

    各界の専門家がコメンテーターとして活躍中!

  • スグ役立つ会員特典

    資料、デモ動画などを無料で閲覧可能!セミナーにご招待

  • レコメンド機能

    ​あなたに合わせた記事表示!メールマガジンで新着通知

関連タグ



処理に失敗しました

人気のタグ

おすすめユーザー

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます

会員登録で動画、資料に使えるホワイトペーパー、オンラインセミナー年間500本など、会員限定記事が​閲覧できる!​