開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

GMOグローバルサイン株式会社提供コンテンツ

  • 会員限定
  • 2011/03/14

製品資料

ホワイトペーパー
【導入事例】株式会社プレンティー マネージドPKI Lite導入事例
光ディスク修復装置で市場シェア7割を確保する株式会社プレンティー。プレンティーの業務システムは、詳細な顧客情報を閲覧することができ、その情報を第三者へ漏らすことは取り扱う商材の特性上、決して許されるものではなかった。同社は情報漏えいのリスクを回避するために、グローバルサインの「マネージドPKI Lite」を導入。クライアント証明書によるアクセス認証で、社員が社外からも自由に社内システムにアクセスすることのできる環境を実現した。
 詳細な顧客情報が参照できるプレンティの社内システムは、個人情報漏えいのリスクを徹底的に排除する必要があった。しかしながら万一、第三者に流出または盗聴されてしまう可能性を考えると、従来のユーザーIDとパスワードによる認証だけでは不十分であり、社員一人ひとりを確実に本人であると確認できる環境が求められていた。


 そこで同社はグローバルサインの「マネージドPKI Lite」を導入。社員全員に証明書をインストールしたUSBトークンを配布することでセキュアな認証環境を実現した。


 同社がマネージドPKIを導入する決めてとなったのはどのようなポイントだったのだろうか?このドキュメントでは、「マネージドPKI Lite」の導入の経緯やその決め手、具体的な効果などを紹介する。

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!