IT導入検討

会員限定

株式会社日本HP提供コンテンツ

2014年06月11日

サイバーリスクレポート:56%が脆弱性でユーザー情報漏えい 設定ミスが問題

技術文書

HPが毎年発行する「サイバーリスクレポート」の最新号では、ニュースの見出しで予想されるよりも、奇妙で聞き覚えのある脅威の展望が明らかになった。脆弱性の最も多いソフトウェアが、脆弱性の少ないソフトウェアよりも被害が少ない場合や、数十億のユーザーを誇るソフトウェアがいまだに企業ネットワーク侵害を引き起こす危険性もあるという。HP Security Research (HPSR) によるさまざまな重点領域での革新的な調査・研究から執筆された『HP 2013 サイバーリスクレポート』では、組織を危険な状況に置く脆弱性 (組織の「攻撃対象領域」) の性質について考察するとともに、敵対者によるこうした脆弱性の最新の悪用手段についても検証している。

ページ数:4ページ
目次(一部抜粋)
●サイバーリスクレポートで明らかになった6つの事実
●現実世界の攻撃は専門知識だけでなく"忍耐”も頼みに
●結論

この続きは会員限定です