開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

日本電通株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2016/05/12

導入事例

ホワイトペーパー
【事例:ハウスドゥ】丸1日かかる作業があっという間に終了!勘定奉行との連携ツール導入事例
本ホワイトペーパーでは、大手不動産売買事業 ハウスドゥがEAIツール「Tsunagu for 奉行」の導入により、社内基幹システムから勘定奉行への自動仕訳を実現した導入事例を紹介する。通常、異なるシステム間のデータのやり取りには、連携用のプログラムを開発するか、データの加工・取込を手作業で行うのが一般的なやり方だ。本事例では、データの取出しから、仕訳データの加工、勘定奉行への取込までを初期設定のみで人の手、又は一切のプログラムを介さない一気通貫での連携作業により、業務にかかる作業時間の大幅削減を実現された事例を紹介する。現在、手作業でデータ加工している企業・これから奉行シリーズを購入しようと検討している企業は、是非「Tsunagu for 奉行」の有用性を本ホワイトペーパーで確認してほしい。
・導入の背景
・選定理由
・導入効果

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!