開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

日本ヒューレット・パッカード株式会社(HPE)提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2017/04/05

技術文書

ホワイトペーパー
ランサムウェアが4倍に、潜伏型への決め手は「毎日、コンパクト」
データを人質を取って企業を脅す「ランサムウェア」の2016年1-3月の検出数は、2015年10-12月の4倍を記録した。今年はさらに増えているという試算もある。各種のランサムウェアの中でも特に注意を必要とするのが「潜伏型ランサムウェア」と呼ばれるものだ。侵入してからすぐに動き出さないため、頻度の多いバックアップが対策の要となる。一方で、バックアップ頻度が増えれば、別の課題も出てくる。こうした問題はどう解決するべきなのだろうか。
ページ数:6ページ
内容(一部抜粋)
●ランサムウェアの検出数の推移
●バックアップで対象とするべきデータの種類
●潜伏型ランサムウェアへの対応
●ランサムウェア対策に有効なツール

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!