開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

日本アイ・ビー・エム株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2018/05/21

技術文書

ホワイトペーパー
JR貨物 事例:鉄道コンテナ輸送の統合管理システムをどう更新したのか
日本貨物鉄道(JR貨物)の鉄道コンテナ輸送の総合管理システム「FRENS(フレンズ)」は、次期システムの構築にあたり「現状の2倍の処理性能」「変化に応じた柔軟な機能拡張」の実現が求められた。しかしながら、従来から使用してきた国産メインフレームの更新では、性能面で制約があり、費用も高額となることは明らかだった。本資料では、大幅なコスト削減を実現しつつ、今後10年使用できる新システムを構築した同社の取り組みの詳細を紹介する。
ページ数:4ページ
目次(一部抜粋)
●コンバージョン費用を含めても大幅なコスト削減が可能
●95.6%という高い自動変換率で、移行プロジェクトは無事成功
●業績向上に向けた攻めの施策に注力

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT」の会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!