IT導入検討

会員限定

日本マイクロソフト株式会社提供コンテンツ

2018年01月12日

デジタル変革により拡大するCIOの責任範囲、その遂行を円滑化するITの条件とは?

製品資料

ビジネスにおけるITの重要性増大とともに、IT担当者が負う責任の範囲も拡大している。サイバー攻撃からの保護、レガシーシステムの最新化と統合、ビジネスリーダーとの連携によるビジネスの強化など、その範囲は多岐にわたる。本資料では、CIOをトップとするIT組織がその責任領域を円滑に遂行するために、Microsoft Dynamics 365 for Operationsが提供する機能が整理されている。現代の組織に求められる俊敏性とセキュリティをコスト効率の高い方法で提供し、同時にビジネスを迅速化できる詳細機能が確認可能だ。

ページ数:27ページ

<目次(抜粋)>
●数字で見るITの新たなトレンド
●ビジネスの迅速化
●コア製品の詳細
・ Lifecycle Services
・参照データ
・マスターデータ
・グローバルエンジン
・クライアント
・サーバー
・ツール
・マイクロソフトの生産性プラットフォームとアプリケーションプラットフォームの相互運用性
●Microsoft Dynamics 365 for Operationsの新機能

この続きは会員限定です

関連リンク