IT導入検討

会員限定

Arcserve Japan ソフトバンク コマース&サービス株式会社提供コンテンツ

2018年02月07日

ICU 事例:時間95%短縮、容量94%削減! 驚きのバックアップ改革の中身とは

導入事例

国際基督教大学(ICU)のITセンターは、学校運営をサポートする教務システム等、同大学のあらゆるITを提供している。同センターは、BCP対策としてシステムを仮想化し、二重化していたが、バックアップデータ取得時に一時的にシステムが停止し、バックアップに長時間かかることか課題だった。そこで、ハイパーコンバージドインフラの導入とバックアップ環境の見直しを決断。Arcserve UDP Applianceを活用することで、無停止バックアップを実現し、バックアップ時間の95%短縮、バックアップ容量の94%削減に成功した。

ページ数:4ページ
【目次】
●課題:IT活用の本格化に伴い、バックアップによるシステム停止が課題に
●経緯:仮想化基盤の再構築を機に、無停止のバックアップ体制を構築
●導入:仮想マシンの移行(V2V)にもArcserve UDP Applianceが威力を発揮
●効果:無停止の教務システムを実現し、運用面でも高いパフォーマンスを発揮

この続きは会員限定です