開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

レノボ・エンタープライズ・ソリューションズ株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2018/06/01

導入事例

ホワイトペーパー
名門大学病院事例:なぜハイパーコンバージドを選んだのか?成功のカギを明かす
2020年に開院100年を迎える名門大学病院は、31の診療科を擁し、1日平均の外来患者数は3,000人を超え、病床数も1,044床(2015年度実績)に及ぶ。そんな同院では、部門システムサーバーの仮想化を推進する中で、ハイパーコンバージドインフラストラクチャー(HCI)を選択、運用を始動した。なぜHCIなのか、どのような基準でどんな製品を選択したのか、さらにどういう効果を見出すことができたのか。本資料では、その全貌を明かす。
ページ数:4ページ
内容
●増え続けるサーバー仮想化のニーズリソース不足の問題をハイパーコンバージドで解決
●ブレードサーバーに内在する限界をHCIで打ち破る
●「N+1」のクラスタをスモールスタートで構成
●オープンな視野で最高のハードウェアを選んだことの意義

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT」の会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!