開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

日本アイ・ビー・エム株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2018/06/25

導入事例

ホワイトペーパー
十数億件のDNAデータを安全かつ高速に保管、国立遺伝学研究所のストレージ基盤とは
遺伝学の先端研究等を行う研究機関として、日本の生命科学の中核を担う国立遺伝学研究所。同研究所DDBJセンターでは、国際塩基配列データベースの日本の拠点として1986年からデータベースの構築・公開を行ってきた。一方、多くの生物のDNA情報を解明するゲノム解析の進展に対応するため、データが膨れ上がるという問題を抱えていた。30Pバイト規模のDNAデータを安全に保管するデータベース基盤をどのように構築したのか。この資料ではDDBJセンターによる日本最大級となる階層型ストレージ基盤の構築事例を紹介する。
ページ数:4ページ
内容(一部抜粋)
●日本最大級となる「DNAデータベース」が必要に
●予想されるゲノム解析の広がりに対応できるデータベース環境とは
●「確実にデータを守る仕組み」が大容量のファイルの利用を可能に
●ストレージのボトルネックが改善し、解析サービスの拡充へ

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT」の会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!