開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

NRIセキュアテクノロジーズ株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2018/07/12

技術文書

ホワイトペーパー
プライバシーを守れているか? ユーザーの「データ保護」に必要な要件とは
デジタル化が進み、消費者と企業との接点が多様化している昨今、あらゆるチャネルで一貫した顧客体験を提供する必要がある。顧客の属性データや嗜好、購買履歴などの行動データを一元管理し、活用していくために、プライバシーの観点から効果的なユーザー管理の仕組みが必要となる。本資料はコンシューマ向けの認証・アクセス管理を実現するソリューションとしてCIAM(Consumer Identity and Access Management)を紹介。その要件や導入のポイントを解説している
ページ数:4ページ
内容
●求められる消費者情報の管理
●CIAM(Consumer Identity and Access Management)に必要とされるもの
●CIAM導入のポイント
●制度面での消費者保護も視野に

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT」の会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!