開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

スターコンサルティング株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2018/09/05

技術文書

ホワイトペーパー
初めてのSAP ERP入門 正しい三分法対応を理解する
世界中の企業のさまざまな業務プロセス・ノウハウが蓄積された基幹業務用のパッケージソフトウェア、「SAP ERP」。今までこのSAP ERPを利用したことのない企業は、三分法での損益計算書や製造原価明細書はシステムで当たり前に出力されるものだと思っているかもしれない。しかし、SAP ERPは実は三分法と相性が良くない。それはSAP ERPが目指しているものから来るコンセプトに起因するもので、その顧客認識とシステムとのギャップに適切に応えることができないと、せっかくのERPソリューションも不満の種になってしまう。本資料ではSAP ERPでの課題とその解決方法を紹介する。
ページ数:5ページ
内容
●顧客の認識との乖離
●経営者の意思決定に資する SAP ERP
●三分法での表示要求
●三分法レポート作成の考慮事項

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT」の会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!