開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

Sansan株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2018/10/05

技術文書

ホワイトペーパー
「ティール組織が理想ではない」と経営学者・宇田川元一氏が語るワケ
2018年1月に刊行された『ティール組織』が注目を集め続けている。注目されることの多くは、ティール組織のオープンでフラットな形態についてだが、「組織の関係性や、それを変えるためのコミュニケーションの在り方に着目することが大切」と語るのは、新たな組織の在り方を研究する埼玉大学大学院准教授の宇田川元一氏。理想的な組織の定義とそれをつくり上げるためにできることを聞いた。
ページ数:6ページ

内容(一部抜粋)
●かつて目指した「理想」をティール組織に求める日本
●ティール組織が示した組織の形態以上に重要な「関係性」
●組織変革の実践に必要なのは適応課題への対応
●組織がこれから実践すべきことは関係性のイノベーション

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT」の会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!