開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

アイテック阪急阪神株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2018/11/22

技術文書

ホワイトペーパー
AWS・Azure・GCP導入に高いハードル、パブリッククラウドの運用負荷をどうする?
サーバなどシステムの老朽化を機に、コストや柔軟性の観点からパブリッククラウドの導入を検討する企業は多いが、「運用管理」という課題も忘れてはならない。パブリッククラウドはリソースの設計・構成などをユーザーが決定する必要があり、IT管理者が少ない企業にとってはハードルの高い作業である。AWS(Amazon Web Services)・Azure(Microsoft Azure)・GCP(Google Cloud Platform)といったパブリッククラウドをつつがなく導入し運用するためにはどうすればいいのだろうか?
ページ数:13ページ

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT」の会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!