開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

日本アイ・ビー・エム株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2018/12/04

技術文書

ホワイトペーパー
1分当たり55万円、平均7時間以上のシステムダウンタイムを防ぐ運用保守の変革方法
ハイブリッド・クラウドやモバイルなど、さまざまな技術の活用が当たり前になり、クラウドのマルチベンダー化もすすむ現在、ITシステムの運用・保守の戦略的な見直しは、企業にとって待ったなしの状況だ。ある調査によると、システムのダウンタイムは1分あたり55万円を超えるコストがかかることがあり、重大なシステムダウンの場合には平均7時間以上にも上るという。また、IT部門は勤務時間の約35%をトラブルシューティングに費やしている。これは本当にもったいない!この問題に正面から取り組んだのが、IBMの「マルチベンダー・サポート・サービス」だ。ITシステム運用・保守の時間を最大20%削減することも可能だとする同サービスの詳細を、ぜひ本資料で確認してほしい。
ページ数:11ページ
内容(一部抜粋)
●土曜日の就業時間。会社のデータ・センターでシステム・トラブルが発生。あなたならどうしますか?
●システム障害が原因で、アプリケーションが重要な顧客情報を公開してしまいました。この問題を早期に解決するにはどうしたらよいですか?
●ITコストを削減しながら、IT サポート体制とベンダー管理を最適化するにはどうしたらよいですか?

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT」の会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!