開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

株式会社コンカー提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2018/12/07

導入事例

ホワイトペーパー
15分でわかる領収書・請求書の「電子化」ガイド
調査によると、日本のビジネスパーソンが経費精算に費やす時間は生涯52日間だという。一方2017年に、経費精算の業務負荷や利便性の向上を目的とする「電子帳簿保存法」が改正、スキャナ保存制度の規制緩和により、スマホで領収書の電子化が可能となった。本稿では、電子帳簿保存法の対応要件や実際の実務ポイントを分かりやすく解説する。これを読めば、領収書・請求書電子化に関する基本知識を習得できるだろう。
ページ数:8ページ
内容(一部抜粋)
●領収書・請求書 電子化のステップ
●電子帳簿保存法の対応要件とは
●電子化に関する実際の運用フローを確認
●電子帳簿保存法 スキャナ保存制度 よくある質問
●最適な電子化の始め方をフローチャートで解説

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT」の会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!