開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

arcserve Japan合同会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2018/12/03

技術文書

ホワイトペーパー
「仮想」と「物理」で別々のバックアップ製品を使う時代は、もう終わり
サーバの仮想化は、この10年間で企業のITシステムに最も影響を与えたテクノロジーの1つだ。同時にサーバ仮想化は、データやシステムのバックアップも大きく変えつつある。たとえば、バックアップされた仮想システムは、その場で実行できるため、リカバリ時間を圧倒的に短縮できる。このように、サーバ仮想化が当たり前の時代には、バックアップ製品に求められる機能やテクノロジーも大きく変わる。たとえば、最新のバックアップ製品であれば、仮想/物理の両方に対応し、統合的に扱えることは最低条件だろう。ぜひ本資料で、仮想化時代に求められるバックアップ製品の機能・性能を確認したい。
ページ数:5ページ
内容(一部抜粋)
●仮想環境におけるバックアップ運用の考察
●仮想システムのバックアップ技術
●選択すべき最適な方法
●ArcserveR Unified Data Protection の特長
●仮想環境のバックアップに特化したシンプルで高性能なエージェントレスバックアップ

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT」の会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!