開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

日本ヒューレット・パッカード株式会社(HPE)提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2019/07/12

導入事例

ホワイトペーパー
【事例】大同特殊鋼が採用した「ディープラーニングモデル開発環境」を解説
世界最大級の特殊鋼専業メーカーである大同特殊鋼では、高機能化する特殊鋼の開発・検査プロセスに機械学習を採用し、情報科学を通じて新材料や代替材料を探索する「マテリアルズインフォマティクス」への取り組みを加速させている。主導する同社の技術開発研究所では、研究員がディープラーニングモデルを開発するための共通基盤を整備した。その特徴は、AIプラットフォームにコンテナ技術を組み合わせることで、多様な研究ニーズに応える柔軟なGPUリソース活用を可能にしたことだ。本稿では、“ものづくりスピード化”への挑戦を続ける同社のシステム基盤の概要などを紹介する。
ページ数:4ページ
目次(一部抜粋)
●新材料や代替材料を探索で「ものづくりスピード化」
●コンテナを利用し研究者の時間を奪わない開発環境を
●ディープラーニングに特化したシステムとは
●ディープラーニングとコンテナ、AI先進企業が採用する理想の開発環境へ

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT」の会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!