開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

SCSK株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2019/07/12

製品資料

ホワイトペーパー
「従量課金型のストレージサービス」とは? ペタバイト級データをSSDで安価に処理する
オンプレミス環境でビックデータ解析を行いたい企業にとっては、増え続けるデータへの対応は悩みのタネだ。そこでチェックしたいのが、数ペタバイトを超えるデータも、オールフラッシュストレージと同等の性能で処理できる高性能ストレージの「従量課金型」サービスだ。システム設計や構築、運用、保守サポートまでを専任の技術者に支援してもらえるサービスの実態とは。
ページ数:1ページ
目次(一部抜粋)
●「従量課金型ストレージサービス」の中身
●なぜ従量課金が可能?
●数ペタバイトを「フラッシュと同等」で処理
●どんなサポートなら安定運用できるか

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT」の会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!