開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

株式会社コンカー提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2020/03/11

技術文書

ホワイトペーパー
令和2年度税制改正向け、経費精算のキャッシュレス決済対応を急ぐべき理由
令和2年度(2020年度)の税制改正大綱により、電子帳簿保存法の施行規則がみなおされ、企業の経理部門や経費精算に追われる会社員の負担も軽くなる見込みだ。具体的にいうと、従来の経費精算は紙の領収書をそのまま経理に提出するか、領収書をスキャンし、電子化して保存していたが、税制改正により、クレジットカード、交通系ICカード、QRコードでのキャッシュレス決済の利用明細データを送信するだけで経費精算が可能となる。本資料ではキャッシュレス決済によって企業や従業員がどのような効果を得られるのか説明する。
ページ数:6ページ
内容(一部抜粋)
●令和2年度税制改正でどう変わる?
●どのような利用明細データが領収書の代わりになる?
●キャッシュレス決済の効果

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!