開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

株式会社東陽テクニカ提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2020/07/01

技術文書

ホワイトペーパー
なぜSociety 5.0時代の企業には「脅威インテリジェンス」が必要なのか?
サイバー脅威から企業を守るのが「脅威インテリジェンス」だ。それは、単なる情報の集積ではなく、多くの情報を分析して得られた洞察のことである。たとえば、2017年12月、日本航空が3億8000万円を詐取されたビジネスメール詐欺(BEC)が発生した。取引先の担当者を装った第三者の偽メールにだまされた結果だが、本資料は「脅威インテリジェンスで狙われていることを事前に予測できていれば、事件を防ぐことはできたのではないか」と説く。現在、日本政府は「Society 5.0」の掛け声の下、さまざまなモノ、機器がネットワークでつながったサイバーとフィジカルが相互に連動する世界を目指している。だからこそ、サイバー攻撃の脅威は大きく、それに対抗するための「脅威インテリジェンス」の重要性も増している。本資料で、その重要性を改めて確認したい。
ページ数:4ページ
内容(一部抜粋)
●高まる脅威インテリジェンスの必然性
●Society 5.0時代のリスク
●脅威インテリジェンスを企業の意思決定に活用

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!