開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

日本オラクル株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2020/11/19

導入事例

ホワイトペーパー
【事例】愛知県瀬戸市はいかにして「脱Excel」を果たし、データ活用を高度化したのか
愛知県北東部に位置する瀬戸市は、焼き物の代名詞と言われる「せともの」や将棋の藤井聡太棋士の出身地として知られている。同市では、合理的な根拠に基づいて地域社会の課題やニーズに有効な政策を企画立案する「EBPM(証拠に基づく政策立案)」に積極的に取り組んできた。しかし、Excelなどの表計算ソフトを活用した指標設定や効果検証、可視化などでは膨大な作業時間を要することが課題となっていた。そこで同市では、EBPM推進を支援する高度なデータ分析基盤の導入を検討。その結果、データ分析クラウドを採用して大幅な業務改善を図り、EBPMの推進を加速させている。以下の資料では、瀬戸市が採用したクラウド基盤の概要と、その導入効果を詳細に紹介している。
ページ数:1ページ
内容(一部抜粋)
●Excel頼みのデータ可視化・分析に課題があった瀬戸市
●EBPMを支える高度なデータ分析基盤、其の採用ポイントは?
●作業負荷が軽減し、市民サービス向上に向けて前進

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!