開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

日本アイ・ビー・エム株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2020/12/15

技術文書

ホワイトペーパー
企業クラウドが「ハイブリッド・マルチクラウド」であるべき理由、SoRとSoEを統合する
IBMのクラウド・ソリューション、その最大の特徴は「ハイブリッド・マルチクラウド」を基本に据えていることだろう。他のクラウド専業ベンダーは顧客のシステムとデータがパブリッククラウドに設置されることを目標にしているが、現時点でクラウドはすべての目的に対して万能の解決策とは言えないのも事実だ。その点、IBMはパブリッククラウドを最適化の手段の一つととらえているほか、IBM Cloudを提供するだけでなく、ベンダー・ロックインを回避しながら、各社クラウドにも対応するマルチクラウドを推進している。本書では、IBMの「ハイブリッド・マルチクラウド」によって、SoRとSoEを一つのプラットフォームで動かすことで生まれる価値、ならびに業界標準のコンテナ管理基盤Kubernetesをベースにしたエンタープライズ向け「OpenShift」とは何か、さらにこれらを統合した「IBM Cloud Paks」などについて詳しく解説する。
ページ数:13ページ
内容(抜粋)
●ハイブリッド・マルチクラウドとは?
●オープンなコンテナ技術
●セキュリティはどう担保?
●マイグレーションを実現する3つのサービス
●VMware環境をそのままクラウド移行
●SAPの移行先としての評価

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!