開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

日本アイ・ビー・エム株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2021/04/26

技術文書

ホワイトペーパー
被害額は約130億円、脅威対策で考慮すべき4つの重要事項とレジリエンスの高め方
2020年は新型コロナウイルスによる世界的なパンデミックが人々の生活やビジネスに大きな影響を及ぼした。多くの企業は分散型ワークフォースへと大規模な転換を図ったが、この特殊な状況はサイバー攻撃者に機会を与えることにもなった。独自の調査によると、2020年の脅威はランサムウェアが最も多く、全体の23%を占めており、被害額は1億2,300万ドル(約130億円)を超えるという。本書は、2020年に発生した脅威について、大量のデータを収集・分析し、その全貌と変化に関してまとめている。さらに、それらを基に2021年のトレンドを予想し、優先的に考慮すべき4つの重要事項、レジリエンスに関する8つの推奨事項について説明する。
ページ数:9ページ
内容(一部抜粋)
●2020年の脅威まとめ
●優先的に考慮すべき4つの重要事項
●レジリエンスに関する8つの推奨事項

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!