開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

日本アイ・ビー・エム株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2021/08/04

技術文書

ホワイトペーパー
コンテナ活用で進むクラウドネイティブ環境、まず確保すべきは「可観測性」のワケ
今日、デジタルトランスフォーメーション(DX)に取り組むさまざまな企業がコンテナやマイクロサービスなどクラウドネイティブ技術の活用を進めている。だが、これらの技術を利用したシステム環境は複雑化し、頻繁かつ動的に変化するため、アプリケーションが正常に動作しているのか、問題がどこで起きているか把握することが困難となる。これらの課題を解決し、運用管理を行っていくには「可観測性(オブザーバビリティ:Observability)」を確保する必要がある。本書は、クラウドネイティブ環境の可観測性をどのように高めて運用管理すべきか説明する。
ページ数:10ページ
内容(一部抜粋)
●クラウドネイティブ技術の活用で直面する3つの課題
●クラウドネイティブ環境をリアルタイムに可視化
●可観測性を高める運用管理ツール

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!