開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

株式会社マクニカ提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2021/12/08

導入事例

ホワイトペーパー
大手電機メーカー事例:限界を迎えたコンタクトセンター対応、負荷を改善した秘訣とは
大手電気機器メーカーのA社では、顧客から問い合わせ対応のために数百人規模のコンタクトセンターを運営している。近年、ビジネスの拡大により取り扱い製品の数が増加し、各製品の機能が複雑になり問い合わせの増加、内容が複雑化。業務負荷は日を追って増大、対応能力の限界を超えようとしていた。対応品質の悪化やみ顧客満足度・ブランド価値の低下を防ぐため、コンタクトセンターの業務改革を推進。オペレーター1人当たりの対応時間を月間5時間削減し、約2割のコスト削減を実現したその方法とは?
ページ数:12ページ
内容(一部抜粋)
●問い合わせが増加・複雑化、コンタクトセンターの対応能力が限界に
●FAQのシステム化を推進し、AI技術の活用を決定
●高精度なナレッジ検索システムの導入効果

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!