開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

Trellix提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2021/12/09

技術文書

ホワイトペーパー
クラウド脅威やランサムウェアの増加…… 2021年最新 脅威レポート
2021年、サイバー犯罪者たちは有名企業を標的としたキャンペーンに新たな脅威や戦術を導入した。ランサムウェアを進化させながら、貴重なデータと数百万ドルの身代金を引き出したが、一方で、サイバー犯罪者のアンダーグラウンドフォーラムや、ランサムウェアグループには変化が生じている。最新の本脅威レポートでは、REvil、Ryuk、Babuk、DarkSideなどのランサムウェアやクラウドの脅威に関連するサイバー犯罪者の活動にスポットを当てている。2021年第2四半期に検出されたランサムウェアのうち、73%がREvil/Sodinokibiファミリーに関連するものだった。DarkSideの第2四半期のランサムウェア攻撃は、石油・ガス・化学部門だけでなく、卸売、製造業にも及んだ。特にランサムウェアに最も狙われたセクターは「政府」で、クラウドインシデントの中で最も標的とされたのは金融機関という結果だった。本書では、これらの脅威に関する調査や最新脅威情報をまとめるとともに傾向が分析されている。
ページ数:18ページ
内容(一部抜粋)
●拡大するランサムウェアの被害
●医療用輸液ポンプの脆弱性
●クラウド脅威による被害
●国、地域、セクター、ベクトルへの脅威
●トップ MITRE ATT&CK 手法
●脅威を防ぐ方法

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!