開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

SCSK株式会社、Ivanti Software株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2022/01/11

技術文書

ホワイトペーパー
【KDDIや朝日新聞社事例も】ネットワーク負荷を分散する「仮想ADC」3つのメリットとは
企業がデジタルトランスフォーメーション(DX)を推進する中、既存のIT資産をクラウドへ移行する動きが加速している。このような状況から、ネットワークの負荷を分散するロードバランサやADC(アプリケーションデリバリコントローラ)もクラウド環境へと適応させていくことが求められる。それには、運用の柔軟性、自動化への対応、信頼性を備えた「仮想アプリケーションデリバリコントローラ(vADC)」を導入する必要がある。本書は、3つの特徴を持った仮想ロードバランサと、仮想ロードバランサの管理を一元化できるvADCソリューションについて、その機能や運用面における3つのメリットを解説する。また、KDDIや、朝日新聞社、セイコーエプソンなどでの導入事例も併せて紹介する。
ページ数:33ページ
内容(一部抜粋)
●仮想ロードバランサ3つの特徴
●運用面での3つのメリット
●導入事例

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!