開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

株式会社みらい翻訳提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2022/02/02

技術文書

ホワイトペーパー
翻訳業務に潜む「シャドーIT」のリスク、過半数が利用する「AI自動翻訳」の実態とは?
近年、翻訳業務において「シャドーIT」のリスクが高まりつつある。シャドーITとは、従業員が所属企業から許可されていないクラウドサービスなどを各自の判断で許可なく使用すること。組織の管理下で運用されていないことから情報漏えいなどのセキュリティ事故を引き起こす恐れがある。では翻訳業務でも同様の懸念があるのか。業務上、日本語以外の言語での読み書きを行っているビジネスパーソン579名に調査したところ、過半数が「AI自動翻訳」を利用しているが、その多くはシャドーITでの利用だという。本書は、翻訳業務に潜むシャドーITのリスクについて独自の調査結果をもとに解説する。
ページ数:38ページ
内容(一部抜粋)
●業務上での外国語の量や頻度の傾向
●業務への影響
●AI自動翻訳の利用について

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!