ドキュサインが2017年に日本で実施した調査によると、消費者の86 %が紙は時代遅れだと考え、また47%が契約書を紙に印刷・郵送したことで、何らかのトラブルに逢っています。情報技術の発達と経済のグローバル化が進むにつれ、企業では以前と比較にならない程多くの情報を扱い、取引を行わなければなりません。企業がペーパレス化を目指す、つまり紀元前150年に発明された「紙」というテクノロジーからデジタルに移行することは、極めて当然の事です。

本イベントでは、電子署名とペーパレス・ソリューションのグローバルリーダーであるドキュサインが、ビジョンとそれを実現する製品戦略、そして国内外の企業がドキュサインを活用してペーパレス化を進めている事例を紹介させて頂きます。

電子署名や電子契約は、単なる入口です。ドキュサインを活用すれば、業務の流れ全体をペーパレス化し、本当の意味でのデジタル・トランスフォーメーションを実現することができます。例えば、社内外の購買業務フロー、各種契約処理や合意形成、外部の協力会社やグループ企業間内での受発注、人材の新規採用、 各種契約処理など、ドキュサインは紙を使ったあらゆる業務を完全にペーパレス化することが可能です。結果として、コスト削減やビジネスのスピードアップ、業務効率の改善が実現できます。

セミナー概要

名称

DocuSign City Tour Tokyo

日時

2018年2月14日 (水) 13:30〜(会場 13:00)

会場

ザ・リッツ・カールトン東京

〒107-0052 東京都港区赤坂9丁目7-1[会場地図

受講料 無料(事前登録制)
主催 ドキュサイン・ジャパン株式会社
メディア協力

登壇者

米ドキュサインInc 会長

キース・クラック

ドキュサイン・ジャパン株式会社

代表取締役社長 兼 米国本社ヴァイスプレジデント

小枝 逸人

NTTアドバンステクノロジ株式会社

代表取締役社長

木村 丈治 氏

ユーザー導入事例では、以下のお客様にご登壇頂きます(社名50音順、敬称略)

株式会社オープンハウス

最高情報責任者(CIO)

田口 慶二 氏

Sansan株式会社

ITインフラデザイングループ マネジャー 兼CSIRT

久永 航 氏

他、日本におけるドキュサインユーザー様(決まり次第本サイトにてご案内いたします。)

プログラム

13:00 -

会場オープン

13:30 -

ドキュサイン講演

ドキュサインのビジョンと日本のビジネス戦略に関して

キース・クラック(米ドキュサインInc 会長)
小枝 逸人(ドキュサイン・ジャパン株式会社 代表取締役社長 兼 米国本社ヴァイスプレジデント)
14:45 -

休憩

15:15 -

ユーザー導入事例

株式会社オープンハウス 最高情報責任者(CIO)田口 慶二 氏
- Sansan株式会社 ITインフラデザイングループ マネジャー 兼CSIRT 久永 航 氏
- 他、日本におけるドキュサインユーザー様(決まり次第本サイトにてご案内いたします。)

実際のお客様にご登壇頂き、ドキュサインが業務にもたらしたメリットに関してお話し頂きます。

16:15 -

特別講演

「RPAとドキュサインによる業務の自動化」

NTTアドバンステクノロジ株式会社 代表取締役社長 木村 丈治 氏

NTTアドバンステクノロジは、数年前に社内でセキュリティ・インシデントを経験。再発防止に向け社内業務をペーパレス化することでセキュリティを高めるため、ドキュサインの導入を決定しました。さらに同社が開発・販売するRPAソリューションとドキュサイン連携し、業務の自動化も実現しました。本特別講演では、その事例を紹介します。

16:35 -

ドキュサイン製品ビジョン

製品戦略の紹介

  • ※上記プログラムは予告なく変更される場合がございますので、予めご了承ください。

ドキュサインとは

ドキュサインは世界188ヶ国で30万社が導入し、2億人を超えるユーザーが活用する、完全ペーパレスによるデジタル・ビジネスを実現するソリューションです。ドキュサインを導入することで企業は本当の意味での「見える化」を手に入れることができ、従業員がより効率的に働くことができるワークスタイルの実現や、コンプライアンスにかかわる問題を劇的に改善することができます。

例えば、書面を封書で送付し署名・捺印を求める昔ならがのやりとりや紙への記入や記名などのプロセスのデジタル化は、データをPDFにしてメールで送ると言ったレベルが精一杯で、本当にデジタル化するソリューションは今まで存在しませんでした。ドキュサインを活用することで、最後まで残っていた紙処理を一掃し、真のデジタル化が実現できます。

ドキュサイン・ジャパンでは、この完全ペーパレスによるデジタル・ビジネスを実現するテクノロジーや製品、ユーザーの導入事例や使い方を紹介するイベントやワークショップ、セミナーを定期的に開催しています。 席数に限りがございますので、お早めにお申し込みください。