昨年春から夏にかけて猛威を振るったWannaCryやPetyaなどの騒動を受け、次世代エンドポイントセキュリティへの関心は急激に高まりました。一方で、アンチウイルス製品を新たに導入する際は、既存環境で運用中のアンチウイルスからの入れ替えをどう行っていくか、導入から運用までを踏まえ検討する必要があり、なかなか導入に踏み出せない企業様も見受けられます。

本セミナーでは、AI(人工知能)を活用した予測脅威防御製品「CylancePROTECT」のご紹介と共に、次世代エンドポイントセキュリティをスムーズに導入するためのベストプラクティスを探っていきます。既知・未知マルウェアの防御率99.7%を誇る本製品と、従来型アンチウイルスとの検知比較デモでその有用性を体感いただいた後、弊社がこれまでにご提案した導入プロセス、また、運用の勘所に至るまでを詳細にわたりご紹介します。

企業の情報セキュリティの管理者並びにご担当の皆さまは、お誘い合わせの上、是非ご来場ください。

セミナー概要

名称

AIアンチウイルスCylancePROTECT®徹底解説セミナー:2018早春

〜 次世代エンドポイントセキュリティ導入のベストプラクティスを探る 〜

日時

2018年2月16日(金) 15:00〜17:05 (受付開始14:30)

2018年3月 2日(金) 15:00〜17:05 (受付開始14:30)

※ 両日とも同じ内容のセミナーになります。

会場

テクマトリックス株式会社 東京本社 9階 セミナールーム

〒108-8588 東京都港区三田3-11-24 国際興業三田第2ビル[会場地図

対象

次世代エンドポイントセキュリティにご興味をお持ちの、企業の情報セキュリティ部門の管理者・担当者の方

受講料 無料(事前登録制)
定員

30 名

  • ※ 本セミナーは、エンドユーザ様が主な受講対象となります。
    システムインテグレータ様、コンサルティング企業様等のご来場はお断りする場合がございます。
  • ※ 定員になり次第締め切りとさせていただきます。また、お申込み多数の場合は抽選制となる場合がございます。
  • ※ 本セミナーは、法人様対象のセミナーとなっております。個人様からのお申込みは受け付けておりません。
    また、同業及び競合他社様からのお申込みはお断りします。
主催 テクマトリックス株式会社
メディア協力

プログラム

15:00〜15:05

開演のご挨拶

15:05〜15:35

最新サイバーセキュリティ動向と今検討すべき
エンドポイントセキュリティ対策のご紹介

テクマトリックス株式会社

ネットワークセキュリティ事業部 Cylance製品営業担当 伊東 賢泰

講演内容:

マルウェアやランサムウェアを利用したサイバー攻撃の最新動向や各企業の取り組みについてお話をいたします。今、なぜエンドポイントセキュリティ対策が盛り上がっているのか、CylancePROTECTが注目されているのかを徹底解説いたします。

15:35〜16:05

デモで実感!次世代アンチウイルスCylancePROTECTの有効性

テクマトリックス株式会社

ネットワークセキュリティ事業部 Cylance製品技術担当 中附 猛倫

講演内容:

シグネチャや振る舞いに頼る従来のアンチウイルス製品のマルウェア検出手法は、亜種やゼロデイマルウェアなどの攻撃の検知は難しく、殆ど意味を成しません。
本セッションでは、CylancePROTECTの特徴である高い検知能力についてご説明します。従来のアンチウイルス製品では通過してしまう実際のマルウェアを用いたデモンストレーションを交え、その有効性を体感いただきます。

16:05〜16:15

コーヒーブレイク

16:15〜16:45

次世代エンドポイントセキュリティ導入の
ベストプラクティスを探る

テクマトリックス株式会社

ネットワークセキュリティ事業部 Cylance製品技術担当 福本 敏史

講演内容:

次世代エンドポイントセキュリティ製品の導入にあたって懸案となる、「既存アンチウイルスからの入れ替え」や「段階を追った導入」について、複数のケーススタディをご紹介し、導入におけるベストプラクティスを探っていきます。

16:45〜16:55

弊社導入支援サービス・キャンペーンのご案内

テクマトリックス株式会社

ネットワークセキュリティ事業部 Cylance製品営業担当 清水 芙蓉

講演内容:

本セッションでは、弊社独自の導入支援サービスと期間限定CylancePROTECTスタートアップキャンペーンをご紹介します。

16:55〜17:05

本日のまとめ 質疑応答

  • ※ セミナーの内容は事前のお知らせ無く、変更する場合がございます。