本セミナーでは、企業のセキュリティをご担当されているお客様を対象に、社員の業務効率化を図りつつもセキュリティ強化が可能なMicrosoft 365の包括的セキュリティについてご紹介します。

また、法人向けセキュリティの実績豊富な株式会社LACより Windows 10にビルドインされたWindows Defender ATPについてEDR機能としての優位性と 導入に役立つサービスについても詳しく情報をご提供いたします。皆様のご登録をお待ちしております。

セミナー概要

名称

現状で安心ですか?

未知の脅威を検知するMicrosoft 365の
包括的セキュリティとEDRの有効性

〜これからのマルウェア対策に欠かせないワケ〜

日時

2018年2月20日 (火) 16:30〜18:30(16:15開場)

会場

品川シーズンテラスC

〒108-0075 東京都港区港南1丁目2番70 品川シーズンテラス3階[会場地図

受講料 無料(事前登録制)
定員 70 名
主催 日本マイクロソフト株式会社
共催 株式会社ラック
メディア協力

プログラム

16:15 - 16:30

受付

16:30 - 17:10

アンチウィルスはもう古い!
Microsoft 365 で実現するサイバーセキュリティ対策とは?

17:10 - 17:30

休憩

17:30 - 18:10

今だから改めて考える、
Windows10のエンドポイントセキュリティ

〜システム管理者が知っておくべきEDRの必要性と有効性とは〜

講演内容:

国内でもサイバー攻撃は高度化しており、従来のマルウェア対策では検出できない新種、亜種のマルウェアによる攻撃が増加しています。マルウェア対策をすり抜けお客様のPCに侵入した脅威にどう立ち向かうべきか。本セミナーでは、Windows 10 にビルドインされたEDR機能であるWindows Defender ATPについて、その必要性や有効性をご説明すると共に、Windows Defender ATPを活用したラックのマネージドサービスをご紹介します。

18:10 - 18:30

質疑応答

18:30 - 19:00

退室

  • ※講演内容・プログラムは都合により一部変更させていただくことがございます。予めご了承ください。