世界では急速な都市化、人口動態の変化、超グローバル化という現象が起き、また、イノベーションがますます加速しています。

米国シリコンバレーに拠点を置くHP本社では、このような「メガトレンド」を継続的に調査・発表すると共に、経営の様々な側面で活用しています。

日本HP最大のイベント「HP Reinvent World 2019」では、このメガトレンドを洞察して策定した事業戦略をお伝えすると共に、当社プロダクトを導入した企業によるビジネス事例や特別ゲストによるセッションなどの最新情報をお伝えします。また、隣接の展示会場では様々な機器のデモンストレーションを見学・体感いただき、ビジネス創造のためのヒントを得られる場をご提供いたします。

変化がますます激しくなり、未来の予測が難しくなる今、私達はビジネスや生活をどのように進化させていくべきなのでしょうか。2020年代に向けてさらに労働人口が減り、少子高齢化が進む”課題先進国”である日本が取り組むべきことは山積していますが、今回のイベントで得られる情報や体験がその一助になれば幸いです。

セミナー概要

名称

東京開催

HP Reinvent World 2019

~テクノロジーによる革新の体験とビジネスの創造~

日時

2019年2月18日(月) 10:00-18:00(受付開始 9:30)

会場

東京ミッドタウン・ホール(ミッドタウン・イーストB1F)

〒107-0052 東京都港区赤坂9-7-1[会場地図

主催

株式会社 日本HP

特別協賛

インテル株式会社、日本マイクロソフト株式会社

登壇協力企業

出展協力企業

対象

このような方におすすめ

1. HPの米国本社(シリコンバレー)が調査したメガトレンドに関心がある方

2. AI、VR、3Dプリンターなどの最先端技術の活用方法に関心がある方

3. 超高速な大型印刷機や立体印刷サービスをビジネスで利用したい方

4. デバイスのセキュリティ対策や管理工数にお悩みの方

5. Windows 10 の導入を検討されている情報システム担当の方

6. 個人向けPC・プリンターの購入を検討されている方

7. 自社のPC・プリンターの導入を検討されている担当の方

8. HPのハードウェアやサービスを導入した企業の活用事例に関心がある方

9. 店舗事業を行っており、POS端末の入れ替えや導入を検討されている方

10. テクノロジーに精通している有識者のセッションをお聞きになりたい方

11. VDIを導入されている、あるいはその予定があり、最適なデバイスをお探しの方

12. 設計や開発業務に最適で安全性の高いワークステーションをお探しの方

13. フリーアドレスやテレワークに最適なPCやモニターをお探しの方

14. HPと販売店契約を締結し、製品やサービスの取り扱いをしたいとお考えのIT商社の方

定員

午前の部:700名/午後の部:700名

受講料

無料(事前登録制)

メディア協力

プログラム
午前の部

10:00

11:30

世界のメガトレンドとHPの成長戦略

HPでは10年を超える長期レンジで私たちの世界や環境に大きな影響を与え続けるものを「メガトレンド」として分析し、経営戦略、研究開発テーマ、製品開発計画、社内プロセスなどが時代に合っているかを検証し、必要であれば変革を行うための道標としています。このセッションではこれからの世界の在り方に大きな影響を与える4つのメガトレンド、「急速な都市化」、「人口動態の変化」、「超グローバル化」、「イノベーションの加速」を解説し、HPの主要な事業領域におけるメガトレンドが引き起こす変革に対応するための戦略を説明します。

株式会社 日本HP
代表取締役
社長執行役員

岡 隆史

株式会社日本HP
専務執行役員
パーソナルシステムズ
事業統括
九嶋 俊一

株式会社 日本HP
執行役員
デジタルプレスビジネス
事業本部長
小池 亮介

株式会社 日本HP
3Dプリンティング事業部
事業部長
秋山 仁

11:30

休憩(10分)

11:40

12:30

【パネルディスカッション】
NewsPicks presents “体験の時代”に向けたビジネスの破壊と創造

私達が生きている社会は「工業の時代」と「情報の時代」を経て、「体験の時代」に差し掛かっています。ウーバリゼーションに代表される移動体験のサービス化、ギグエコノミーと呼ばれるネット経由で単発の仕事を請け負う新たな働き方など、その「兆候」はすでに顕在化し、ますます加速化しています。異業種、小規模な企業、一個人がある日突然、大企業の既存事業を脅かす、あるいは有望な協業パートナーとなる時代にあって、これからの日本はどういう立ち位置を担うべきなのか。今回のパネルディスカッションでは、注力すべきテクノロジーや働き方の転換まで、私達日本人が持つ、経済的・文化的な強みを伸ばす方向を探っていきます。

モデレーター

NewsPicks CCO
NewsPicks Studios CEO
佐々木 紀彦

【プロフィール】

1979年福岡県生まれ。慶應義塾大学総合政策学部卒業、スタンフォード大学大学院で修士号取得(国際政治経済専攻)。東洋経済新報社で自動車、IT業界などを担当。2012年11月、「東洋経済オンライン」編集長に就任。2014年7月、NewsPicksに移籍。現在NewsPicks CCO/NewsPicks Studios CEO。最新著書に『日本3.0』。ほかに『米国製エリートは本当にすごいのか?』『5年後、メディアは稼げるか』、共著に『ポスト平成のキャリア戦略』の著作がある。

有識者

パロアルトインサイト CEO
AI ビジネスデザイナー
石角 友愛

【プロフィール】

2010 年にハーバードビジネススクールで MBA を取得したのち、シリコンバレーの Google 本社で多数の AI プロジェクトをリードする。後に HR テックベンチャーの立ち上げや流通系 AI ベンチャーを経て2017 年パロアルトインサイトを起業。日本企業に対してシリコンバレー発のAI 戦略提案から AI 実装まで一貫した支援を提供する。新著に「いまこそ知りたい AI ビジネス」(ディスカヴァー・トゥエンティワン)があり、プログラミング教育、ギフテッド教育、留学などについての出版も5冊あり。現在、AI&ビジネス、シリコンバレーと IT 企業、新しい働き方、女性の社会進出論などでの言論活動を大手メディアで積極的に行う。2児の母。
パロアルトインサイト HP:www.paloaltoinsight.com

有識者

New Stories代表
太田 直樹

【プロフィール】

挑戦する地方都市を「生きたラボ」として、行政、企業、大学、ソーシャルビジネスを越境し、未来をプロトタイピングする取り組みを企画・運営する。1997年、ボストンコンサルティング入社。同社には17年間勤務し、経営メンバーとしてアジアのテクノロジーグループを統括した。2015年1月から2017年8月まで、総務大臣補佐官として地方の活性化とIoTやAIの社会実装の政策立案と実行に従事。退任後、現職。

12:30

休憩(60分)展示会場にて軽食をご用意いたします。

午後の部

Room A

Room B

Room C

13:30

14:00

A-1

働き方改革の投資対効果を証明せよ!機械学習型のデバイス管理サービス “HP TechPulse”とは

株式会社 日本HP
テクニカルエバンジェリスト

末松 隆郎

B-1

蜷川実花展を支える
HP DesignJetと
プリントビジネスへの革新

読売新聞東京本社
文化事業部

半田 行宏

C-1

ITを活用した
金融ビジネスの高度化

株式会社北陸銀行
総合事務部 副部長

富永 英司

14:15

14:45

A-2

SOLIZE Productsでの
HP Multi Jet Fusion 3Dプリンターの取組み

SOLIZE株式会社
AMシステム部
営業課
主幹

岩井 正義

B-2

デジタル印刷技術を活用した
マーケティングコミュニケーション

凸版印刷株式会社
九州事業部 販促開発部
ビジネスイノベーションチーム
部長

高 博昭

C-2満席

NISTの衝撃。
セキュリティの国際標準が、
日本のビジネスを変える

多摩大学
ルール形成戦略研究所
客員研究員

西尾 素己

15:00

15:30

A-3

3Dプリンターの素材、
着色技術の最新情報(仮)

株式会社 日本HP
3Dプリンティング事業部
部長

秋山 仁

B-3満席

2019年は法人利用も大幅に増える!?海外の先進事例に学ぶVR活用

株式会社エドガ
代表取締役/VRコンサルタント

米本 大河

C-3

“元”同じ会社が語る
レジリエンスの重要性と
サーバーアーキテクチャ

日本ヒューレット・パッカード株式会社

15:45

16:15

A-4

B-4

HPと協業を進める
OPTiMのエッジAI戦略

株式会社オプティム
プラットフォーム事業本部
執行役員

山本 大祐

C-4

Windows 10移行後の
更新管理を劇的にラクにする
HPのソフトウェアと新サービス

サービス・ソリューション事業本部
クライアントソリューション本部
ソリューション営業部 部長

渕上 弘士

16:15

休憩(60分)

17:15

18:00

Photo: 蜷川実花

特別講演

テクノロジーでリードする日本再興戦略

筑波大学 学長補佐/図書館情報メディア系助教
デジタルネイチャ―研究室主宰
ピクシータストテクノロジーズ株式会社CEO
博士(学際情報学)・メディアアーティスト
大阪芸術大学客員教授・VRコンソーシアム理事
デジタルハリウッド大学客員教授・社団法人未踏理事

メディアアーティスト

落合 陽一

プロフィール:

1987年生. メディアアーティスト. 東京大学大学院学際情報学府博士課程修了.
Ars Electronica STARTS Prizeなど多数の賞を受賞. また国内外問わず
メディア露出も多数. 個展として「落合陽一、山紫水明∽事事無碍∽計算機自然」など.
過去にSEKAI NO OWARIをはじめとして, 様々なコラボレーション作品制作や
演出を手掛け,多くの事業者と制作・開発を行う。

※セッションタイトルまた登壇者は実施までに変更になる場合があります。

展示製品

※名古屋会場/大阪会場では、HP Jet Fusion 300 500 3D Printers は造形物の展示のみとなります。
※展示製品は予告なく変更、展示キャンセルになることがあります。予めご了承ください

アクセス

東京ミッドタウン・ホール(ミッドタウン・イーストB1F)

〒107-0052 東京都港区赤坂9-7-1F