日本IBM 国内最大イベント「Think Summit」の情報を最速で紹介!

☆ デジタル変革時代の AI(人工知能)・データ活用
☆ AWS・Azure・IBM Cloudなど複数のクラウド管理
☆ 5G・IoT時代のネットワークとセキュリティ
☆ BCP(事業継続計画)・DR(災害対策)はレジリエンシス(回復力)が重要に
☆ 次世代の働き方改革はこうなる
☆ IT投資の7割を占める運用コストを見直す戦略的な運用保守とは

デジタル・トランスフォーメーションは、『第2章』に突入しつつあります。
一部業務でAIを試行的に取り入れたりクラウドを導入する第1章を経て、『第2章』は、真の変革に向けて全社規模でAIやクラウドを展開していくことが求められます。そのためには、ハイブリッド/マルチクラウドに対応した迅速性、効率性が担保されたITインフラが不可欠となります。

当セミナーでは、6月18日~21日に東京にて開催しました日本IBM主催の最大イベント「Think Summit」の中から、ハイブリッド/マルチクラウド の最適化に向けたアプローチやネットワークおよびネットワークセキュリティの方向性、DX時代のビジネス・レジリエンスや次世代ワークプレースなど、デジタル変革を支える最新インフラの動向およびソリューションをご紹介いたします。

セミナー概要

名称

大阪開催

デジタル変革を支える
最新インフラ・ソリューション・セミナー

Think Summit ハイライト

日時

2019年7月31日(水)13:30 - 18:30(受付開始 13:00)

会場

フェスティバルスイート

〒530-0005 大阪府大阪市北区中之島2-3-18[会場地図

対象

IT部門のマネージャー、リーダーのみなさま

  • ※当セミナーは法人のお客様対象のセミナーとなっております。個人のお客様からのお申し込みは受け付けておりません。
  • ※誠に申し訳ございませんが、お申し込み状況により、同業他社の方からのお申し込みは、お断りさせていただく場合がございます。

受講料

無料(事前登録制)

主催

日本アイ・ビー・エム株式会社

メディア協力

プログラム

11:30 - 12:30

【満席】IBM Agile Office 見学

内容:

多種多様な働き方への対応を目指し “IBM Agile Office” のコンセプトに基づき設計された弊社オフィスをご案内いたします。 ご興味をお持ちのお客様はぜひご参加ください。

※お申し込み多数の為、見学ツアーは締め切りとさせていただきました。

13:30 - 14:35

デジタル変革 第二章を実現する
ハイブリッド/マルチクラウド

講演内容:

いよいよデジタルと基幹系がクラウド上で融合する、デジタル変革第二章が始まります。デジタル変革を加速する、オープンでクラウドネイティブな開発をどのように実現するか、そしてクラウド化に伴い複雑化するマルチクラウド 環境をどのように効率的に運用管理すべきかについて、取るべきステップやアーキテクチャを交えてご紹介します。

日本アイ・ビー・エム株式会社

グローバル・ビジネス・サービス 事業本部 CTO 兼 クラウド・アプリケーション・サービス事業部 部長 技術理事

二上 哲也

グローバル・テクノロジー・サービス事業本部 CTO 兼 戦略ビジネス&先進テクノロジー・サービス 部長

澤藤 佳実

14:35 - 14:45

休憩

14:30 - 15:10

DXを支えるデータとAIのプラットフォーム

講演内容:

データとAIの全社的な活用はDXを目指す企業にとって避けて通ることのできないテーマです。しかし、活用に必要となるデータがすぐに使えない、データが複数のシステムやパブリック・クラウドに散在してサイロ化しているなどさまざまな課題がその実現を妨げています。本セッションではそのような課題解決を模索している企業のため、データとAI活用のための統合プラットフォームをご紹介します。

日本アイ・ビー・エム株式会社

クラウド& コグニティブ・ソフトウェア事業本部
IBM Data and AI 事業部
Products & Solutions 統括部長

村角 忠政

クラウド・IoT時代のネットワークと
ネットワークセキュリティの方向性

講演内容:

クラウドへのビジネスアプリケーションの移行が進むとともに、インターネットとマルチクラウドを積極的に活用して関連企業やマーケットを接続し、ビジネスを変革するデジタルトランスフォーメーション(DX)の世界が見えてきています。5Gネットワークの稼働によって、この方向性の実現が今後加速していきます。このような環境下でのネットワークとセキュリティをソフトウェア化、自動化、ゼロトラスト対応の観点から事例と共にご紹介します。

日本アイ・ビー・エム株式会社

グローバル・テクノロジー・サービス事業本部
ネットワーク・サービス 技術理事

森本 祥子

15:45 - 15:55

休憩

15:55 - 17:30

DX時代におけるビジネス・レジリエンス
~「もしも」ではなく「いつも」~

講演内容:

ビジネス・レジリエンスとはITサービスを中断させるリスクに対して、迅速にサービスを回復しビジネス継続を実現させることです。DX時代、ビジネスとITは密接に絡み、ビジネスを継続するためには、その強化が必要になります。また、重大なリスクの一つであるサイバー・リスクは、ITサービスやビジネスへの影響を益々拡大します。サイバー・リスクへも対応するDX時代のビジネス・レジリエンスを解説します。

日本アイ・ビー・エム株式会社

グローバル・テクノロジー・サービス事業本部
ビジネス・レジリエンスシー・サービス事業部

内田 晶子

DX推進のための次世代ワークプレース

講演内容:

IT部門がリードする働き方改革を成功に導くための“ユーザー視点”での最適化アプローチ方法と、ワークプレース環境を最適化するソリューションについてご紹介します。

日本アイ・ビー・エム株式会社

グローバル・テクノロジー・サービス事業本部
デジタル・ワークプレース・サービス事業部

中田 竜一

DX時代に求められる戦略的な運用保守とは

講演内容:

DX時代を迎えお客様はITへの投資をより戦略的に検討をすることが求められています。IT投資の7割を占めると言われている運用コストの中で保守に関する見直しをご紹介します

日本アイ・ビー・エム株式会社

グローバル・テクノロジー・サービス事業本部
テクノロジー・サポート・サービス事業統括 サービス企画

内山 豊和

17:30 - 18:30

懇親会

  • ※講演内容・プログラムは都合により一部変更させていただくことがございます。予めご了承ください。