「2025年の崖」問題が注目されているように、企業はビジネスを伸ばすためにデジタルトランスフォーメーション(DX)が急務となっています。
それは顧客ニーズが多様化し求められるサービスが複雑化していくのと同時に、IT環境もオンプレ、仮想、コンテナ、Hybrid ITやHybrid Cloudなどと多様化し、より複雑化するIT基盤運用管理を限られた人数で、限られた時間内に効率的に運用することが不可欠になっているからです。
このDXを加速する方法として、IT環境の柔軟性向上やサービス開発サイクルの短期化ができるコンテナの利用、煩雑な業務や定型業務等の自動化・業務効率化などがあり、2025年を見据え今から準備できるかどうが今後のビジネスに影響をもたらすといっても過言ではありません。

ITから企業を変え、柔軟に、そして俊敏に社会変化に対応できるビジネス基盤のあり方について、HPE、レッドハット、NTT国際通信の3社で実現するソリューションをご紹介させていただきます。

セミナー概要

名称

HPE x Red Hat Day 2019

~ITドリブンなビジネスに向かって〜

日時

2019年10月15日(火)13:30 - 17:30(受付開始 13:00)

会場

赤坂インターシティ

〒1107-0052 東京都港区赤坂1-11-44[会場地図

定員

100 名

受講料

無料(事前登録制)

主催

日本ヒューレット・パッカード株式会社

協賛

レッドハット株式会社/インテル株式会社

メディア協力

プログラム

13:30 - 14:10

基調講演
HPE/ レッドハット/NTT国際通信、
3社のハイブリッドクラウドへの取り組み 

日本ヒューレット・パッカード株式会社

ハイブリッドIT事業統括 執行役員

五十嵐 毅

レッドハット株式会社

製品統括・事業戦略 担当本部長

岡下 浩明

NTT国際通信株式会社

代表取締役社長

飯田 健一郎

14:10 - 15:10

オンプレで初めてコンテナを利用する方必見!

エンタープライズ環境でRed Hat OpenShift Container Platformが
選ばれる理由

講演内容:

コンテナ利用はアプリ開発部門には大きなメリットがある一方、データやアプリケーションのコンテナ移行、ステートフルなコンテナの利用など、移行後のコンテナ基盤管理には検討すべきポイントが多数あり、適切に検討を進めなければITインフラ管理部門へ新たな業務負荷がかかってしまいます。
本セミナーでは、エンタープライズ環境でコンテナを利用する際に「Red Hat OpenShfit Container Platform(OCP)」がなぜ選ばれるのか?について事例をベースに解説し、更に、最新のOCP4をオンプレで利用する場合の勘所、HPE製品との組み合わせでしか実現できないメリットに関してご紹介致します。

15:10 - 15:25

休憩

15:25 - 16:25

ハイブリッド時代に欠かせない、運用ルーチンワークの
自動化に向けて ~ドキュメントレス化に向けた実践例~

講演内容:

クラウドの活用が当たり前の昨今、多様化するハイブリッドクラウド環境をいかに効率よく運用していくかが、大きな課題となっています。
インフラ運用管理ではどうしても、ソフトウェア、ハードウェアに関連する構成情報を実機を操作して取得し、エクセルにまとめて管理し、変更があれば修正し… というマニュアル作業がついてまわります。
自動化をソフトウェアなどのデプロイに活用しているケースは多く見受けられますが、今回はあえて、地味ながらも改善したい、日々繰り返し発生するルーチンワークの自動化にフォーカスいたします。
強力な自動化ポータルであるAnsible Towerを用いた各種事例とともに、HPEならではのハードウェア情報の収集や監査作業の自動化を、デモを交えてご説明させていただきます。

16:25 - 17:05

Nexcenter Labセッション

NTT国際通信株式会社

ICTインフラサービス部 クラウドサービス部門

渡辺 晃平

17:05 - 17:20

質疑応答 / 個別相談

  • ※講演内容・プログラムは都合により一部変更させていただくことがございます。予めご了承ください。