このオンラインセミナーでは、SAPユーザーにとって、2027年のメインストリームサポートの終了に合わせたようなベンダー固有のロードマップではなく、自社のビジネス目標に基づいて設計されたビジネス主導のITロードマップを作成・管理する重要性を、事例をもとに説明します。

今日のITの最優先事項は、ビジネス成長へ貢献で、テクノロジーがこの成長の重要なイネーブラーになります。ただし、これには予算や人的なリソースが必要です。通常、企業は、現在のシステムの運用にIT予算の90%を費やしており、イノベーションの予算にわずか10%が使われています。

SAP ERPの保守サポートの費用やリソースを削減し、既存投資を最大化しながら、ビジネス戦略とタイムラインに基づき、貴重なリソースをビジネス成長をサポートするイノベーションにより多く振り分けるヒントを提示します。

セミナー概要

名称

SAPユーザーにとってのビジネス主導型ITロードマップの
意味

-2027年に向けてリミニストリートがご提案する選択肢-

日時

2020年3月27日(金)14:30 - 15:00

会場

Webセミナー

受講料

無料(事前登録制)

主催

日本リミニストリート株式会社

メディア協力

講演者

日本リミニストリート株式会社

マーケティングディレクター

北川 裕康

エンタープライズIT領域での30年を超える経験をもとに、お客様の投資対効果の最大化と、イノベーションへのサポートを行ってまいります。また、リミニストリートのグローバルな事業展開と成長をマーケティングとして推進してまいります。

マイクロソフト、シスコシステムズ、SASなどで、エンタープライズ製品のシステムエンジニア、プロダクトマーケティングから、マーケティング、セールスオペレーションまで、幅広い知識と経験をもつ。

プログラム

14:30 - 15:00

SAPユーザーにとってのビジネス主導型ITロードマップの
意味

-2027年に向けてリミニストリートがご提案する選択肢-

講演内容:

SAP ERPの保守サポートの費用やリソースを削減し、既存投資を最大化しながら、ビジネス戦略とタイムラインに基づき、貴重なリソースをビジネス成長をサポートするイノベーションにより多く振り分けるヒントを提示します。

  • ※講演内容・プログラムは都合により一部変更させていただくことがございます。予めご了承ください。