ビジネスにおけるデータ活用が進む中、その保管・管理・活用を支えるデータ基盤の重要性もますます高まっています。
ひとたびデータ基盤の障害が発生し、重度の中断が起きると、企業評価やブランドが毀損されてしまうリスクがあります。

本セミナーでは、最新のデータ基盤構築のトレンドや、システム障害時の具体的な被害や対策法、ストレージ運用管理の負荷削減策について、ITジャーナリストの新野氏をお迎えして、徹底討論いたします。
また、AIを活用した最新のデータ障害予知についての解説もございます。

お席で受講いただけるセミナーとなりますので、是非お気軽にご参加ください。

セミナー概要

名称

AIを活用したシステム障害回避の勘所

日時

2020年5月15日~6月30日 オンデマンド配信・登録後すぐに視聴可能

会場

Webセミナー (Web経由で全国どこからでもご視聴いただけます)

受講料

無料(事前登録制)

主催

SBクリエイティブ株式会社 ビジネス+IT編集部

協賛

日本アイ・ビー・エム株式会社

メディア協力

パネリスト

新野 淳一

新野 淳一

ITジャーナリスト/Publickeyブロガー

大学でUNIXを学び、株式会社アスキーに入社。データベースのテクニカルサポート、月刊アスキーNT編集部 副編集長などを経て1998年退社、フリーランスライターに。2000年、株式会社アットマーク・アイティ設立に参画、オンラインメディア部門の役員として2007年にIPOを実現、2008年に退社。再びフリーランスとして独立し、2009年にブログメディアPublickeyを開始。現在に至る。

伊藤 孝行

日本アイ・ビー・エム株式会社
パートナー・アライアンス事業本部 ビジネスパートナー事業部
システムズHW営業部
シニアセールススペシャリスト

斎藤 志帆

日本アイ・ビー・エム株式会社
ストレージ・テクニカル・セールス
ITスペシャリスト

ファシリテーター

松尾 慎司

SBクリエイティブ株式会社
ビジネス+IT編集部 編集長

システムエンジニアを経て、出版社ソフトバンクパブリッシング(現SBクリエイティブ)に入社。『UNIX USER』編集部に所属後、準会員制オンラインメディア「ビジネス+IT」の立ち上げに携わる。ビジネスとITの融合点を10年以上にわたって取材。

プログラム

60分+質疑応答

AIを活用したシステム障害回避の勘所

アジェンダ:

・システム障害、サービス障害を起こしたことはあるか?

・それによってビジネスにどのような被害が出るのか?

・障害が発生しないようにどのような対策を行ってきたか?

・AIによる障害予知とは何か?効果は?

・AIの開発にコストがかかるのではないか?ROIに対する考え方について

・AI活用が当たり前になる中でのストレージ戦略とは?

  • ※このセミナーは、2019年12月6日に行われたWebセミナーの録画版です。