開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン
東京都 2018/06/21開催

AI・データ契約ガイドラインとモデル契約の解説

【AI技術の特性を勘案した】~見直しが必要なデータの利用権限、AIに係る責任・権利関係~

概要

西村あさひ法律事務所 弁護士・ニューヨーク州弁護士
経済産業省 AI・データ契約ガイドライン検討会 委員
福岡 真之介(ふくおか しんのすけ) 氏

現在、主に機械学習を利用したAI技術が実用化段階に入ったことから、多くの企業がAI技術を利用したソフトウェアの開発に取り組んでいる。このようにAIの開発が活発化している一方で、AIに関する法的な対応は必ずしも十分になされていない。そこで、経済産業省は、データの利用権限やAIに係る責任関係・権利関係を含む法律問題について適切な契約の取決め方法の検討を行うため、2017年12月に「AI・データ契約ガイドライン検討会」を設置し、同検討会がAIおよびデータに関する契約について検討を重ねてきた。本セミナーは、同検討会が公表したガイドラインとモデル契約のうちAIの開発に関するガイドラインとモデル契約についての解説を行うものである。
AIの開発に関する契約については、AI技術が有するさまざまな特性から、従来のシステム開発とは異なった視点で作成する必要がある。例えば、AI技術を利用したソフトウェアを開発するには、ユーザ側が大量のデータを提供する必要があることが多いが、従来のシステム契約ではそのような事態は想定されていないため、契約ではデータの取扱いについて十分に手当てされていない。また、ユーザが提供したデータから作成された学習済みパラメータなどの派生データの取扱いについても、従来のシステム契約では手当されていない。
AI技術を利用したソフトウェア開発においては開発方法についても、従来から見直す必要がある。開発成果がデータに依存するAI開発では、様々なデータを色々な角度で投入して試行錯誤で探索的に開発を進めていくことが多い。そのため、ガイドラインでは、かかる探索的な開発を可能とする「探索的段階型」の開発発方式と、それに沿ったモデル契約を提示している。今回公表されたガイドラインとモデル契約は、このようなAI技術の特性を勘案して新たに作成されたものである。
本セミナーでは、「AI・データ契約ガイドライン検討会」の委員として、ガイドラインとモデル契約の作成に関与した講師が、ガイドラインとモデル契約について詳しく解説する。

1.AI技術の解説
 (1)AI技術の基本概念、
 (2)AI開発と従来のソフトウェア開発との違い
 (3)AI開発の過程  
 (4)AI技術を利用したソフトウェアの特徴
2.AI開発に関する契約の基本的考え方
 (1)AI開発においてよく問題となる点
 (2)AI開発に関する法律知識
 (3)AI開発契約の交渉のポイントと留意点
3.「探索的段階型」の開発方式
 (1)探索的段階型の開発方式とは
 (2)探索的段階型開発方式に沿った契約形態
4.モデル契約の解説
 (1)アセスメント段階-秘密保持契約書
 (2)PoC段階-導入検証契約書
 (3)開発段階-ソフトウェア開発契約書
5.質疑応答/名刺交換

開催日

2018/06/21 (木) 13:00〜16:00

エリア

東京都

主催

新社会システム総合研究所

種別

有料セミナー

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!