開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン
東京都 2018/09/10開催

Splunkを使ったマシンデータ活用セミナー

概要

標的型攻撃やサイバー攻撃の高度化、マルチデバイスによるアプリケーション提供手法の多様化、IoTやM2Mデータの活用によるビジネス価値の創出など、ITシステムから生成されるマシンデータも増加、複雑化しています。このような日々生成される膨大なマシンデータから欲しい情報を探し出し、企業が抱えている様々な課題を解決するために必要な情報を抽出することは、非常に時間と工数がかかっているのではないでしょうか?

本セミナーでは、ITシステムから生成されるありとあらゆるマシンデータの収集、分析、可視化を実現する「Splunk」のコンセプトをはじめ、活用シーンを事例ベースでご紹介するとともに、ライブデモを通じて、Splunk基本機能をご紹介させていただきます。

※マシンデータとは:Splunkでのマシンデータとは、顧客、ユーザー、トランザクション、アプリケーション、サーバ、ネットワーク、工場の機械などから生成されるログデータを意味しています。単なるログではなく、設定データ、APIおよびメッセージキューからのデータ、変更イベント、診断コマンドの出力、通話詳細記録、遠隔装置からのセンサーデータなども含まれます。

開催日

2018/09/10 (月) 15:00〜17:30

エリア

東京都

主催

マクニカネットワークス

定員

16名

種別

無料セミナー

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!